ログオンパスワード忘れ対策

vistaの起動時に、パスワードを入力しないとログオンできないように設定しているとき、そのログオンパスワードを忘れてしまうと、2度とログオンできなくなってしまう。そこで、万一に備えてログオンパスワードをリセット(再設定)するための「パスワードリセットディスク」を作成しておくと安心。「パスワードリセットディスク」は、フロッピーディスクかUSBメモリメモリなどのフラッシュメモリに作成するため、メディア用意して作業を進めよう。
なお、作成した「パスワードリセットディスク」を他人に盗まれたり、紛失しては大変だ。十分に注意して、しつかり保管しておかなければならない。

  1. パスワードリセットディスクの作成ウイザードを起動する
  2. 「コントロールパネル」から「ユーザーアカウント」を開き、タスク欄にある「パス
    ワードリセットディスクの作成」をクリック。

  3. 作成するディスクを指定
  4. 「パスワードディスクの作成ウィザード」が起動したら「次へ」をクリック。フロッピーディスクかUSBメモリを挿入しておき、「次へ」をクリック。

  5. 現在のパスワードを設定する
  6. 現在設定してあるパスワードを入力し、「次へ」をクリックする

  7. パスワードリセットディスクの完成
  8. 最後に「完了」をクリックすれば、パスワードリセットディスクが完成する。保管には十分注意したい。

パスワードリセットディスク作成のためのUSBメモリをさがすならこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください