Cドライブを全部バックアップ

パソコン全体(またはCドライブ全部)をバックアップしておきたいユーザーは多い。この利点は、必要なアプリケーションソフトをインストールしたあとにバックアップでき、自分で作成したデー夕なども含まれるところにある。つまり、最新の状態でバックアップしておくと、その段階まならいつでも戻せるということ。一方、パソコンに付属のリカバリデータは、購入時の状態に戻つてしまうため、実行するとデータはなくなり、ソフトの再インストールも必要になり手間がかかる。

  1. 「コンピュータのバックアップ」を選択
  2. 「コントロールパネル」から「バックアップと復元センター」を開き、「コンピュータ
    のバックアップ」をクリック。

  3. バックアップ先の指定
  4. バックアップは、ハードディスクかDVDから選択できる。外付けハードディスクがあるならそれでも構わないが、大容量になる上、ハードディスクは壊れる可能性がある。できる限りDVDにバックアップしておこう。指定したら「次へ」をクリックす

  5. バックアップに含めたいドライブも指定
  6. vistaがインストールされたC ドライブは選択済みなので、他のドライブがあるときはバックアップに含めるかどうかを指定する。チェックを入れるとバックアップに含まれる。指定したら「次へ」をクリック。

メール、デジカメの写真などを定期的にバックアップ

万一に備え、ここからはトラブル対策も万全にしておきたい。最悪の場合、大切なデータを失ってしまう恐れもあるのでックアップは必須の作業だビスタには、簡単にバックアップや復元が行なえる「バックアップと復元センター」が搭載されたので、しっかり使いこなしたい。特定のファイルをバックアップするには「ファイルのバックアップ」機能を利用する。はじめて利用するとき、どこにどの種類のファイルをバックアップするか、またどのタイミンクで自動バックアップするかを設定できる。あとは、設定したタイミングで定期的に自動バックアップされるので管理が楽。

  1. 「バックアップと復元センター」を開く
  2. 「コントロールパネル」から「バックアップと復元センター」を開く。ファイルをバックアップするには「ファイルのばックアップ」をクリックする。なお、このバックアップ機能は、「Ulimate」で、「Home Basic」と「Home Premium」には「コンピュータのバックアップ」が表示されない

  3. バックアップ先の指定
  4. バックアップ先は、ハードディスクかCDまたはDVD 、ネットワーク上の他のパソコンやハードディスクなどから選べる。ただし、Vista がインストールされたCドライブだけは、バックアップ先にできない。定期的なバックアップのことを考えると、外付けハードディスクかネットワーク上のドライブがペストだ。選択したら「次へ」をクリック。

  5. バックアップするファイルの種類を選択
  6. バックアップしなくてもよいファイルがあればチェックを外して「次へ」をクリック。「バックアップに含まれないファイルの種類は何ですか?」をクリックすると、バックアップの対象にならないファイルを確認できる。

  7. 自動バックアップのタイミングを設定
  8. 最後に、バックアップを自動実行する頻度と日時を指定する。頻度は「毎日」「毎週」「毎月」から選択できるが、最も安心なのは「毎日」だ。設定できたら「設定を保存してバックアップを開始」をクリック。これでバックアップが始まる。

スタートアッププログラムがWindowsにブロックされてしまう

Windows にログオンした直後に、「スタートアッププログラムの一部がWindowsでブロックされています」という警告が表示されることがある。これは、「スタートアップ」に登録されているソフトの中に、ユーザーアカウント制御で制限されているソフトがあり、起動できなかったということだ。この場合は、スタートアップで自動起動させるのをやめ(スタートアップから削除する)、Windowsにログオンしたあと手動で起動させるようにしよう。もし自分が管理者ユーザーなら、「タスクスケジューラ」を使って自動起動させる方法もある。その手順は、次のとおり。

ブロックされたソフトを手動で起動

通知領域にバルーンが表示され(画面上)、起動がブロックされたことがわかる。アイコンをクリックし、「ブロックされたプログラムの実行」→「(ソフト名)」で実行できるが、この操作は起動ごとに必要になる。

タスクスケジューラで自動起動させる

  1. 全般タブで
  2. 「スタート」メニューの「コンピュータ」を右クリック→「管理」をクリック。画面左側で「タスクスケジューラ」をクリックし、画面右側の「タスクの作成」をクリッ久「全般」タブで「名前」(ソフト名など、適当に決めてよい)を入力し、「最上位の特権で実行する」にチェックを入れる。

  3. 「トリガ」タブでタイミングを設定
  4. 「トリガ」タブで「新規」をクリックし、次の画面で「タスクの開始」を「ログオン時」にして「OK」をクリックする。

  5. 「操作タ」ブで起動ソフトを設定
  6. 「操作」タブで「新規」をクリックし、次の画面で「プログラム/スクリプト」に起動したいソフトの実行ファイル名を入力して、「OK」をクリックする。これで、次回の起動時からは登録したソフトが自動実行されるようになる

ネットワーク内に見覚えのないコンピューター名がある

スタートメニューの「ネットワーク」(xpでは「マイネットワーク」)内に見覚えのないコンピュータ名が含まれていると、「自宅のLANに誰かが侵入してきたのか?」と不安になるかもしれない。有線LANを使っている場合は、まずルーターやモデムに挿さっているLANケーブルをすべてたどり、つながっているパソコンをチェックしよう。家族が新しいパソコンをつなげていた、ということもある。もっとも危険なのは無線LANの場合で、接続を暗号化していなければ近所のパソコンから簡単にアクセスされてしまう。その場合は無線LAN ルータの設定で、即、暗号化の設定を行う。

  1. ネットワーク内に知らないPC名が
  2. クリックして中身を表示すれば手がかりがつかめるかもしれないが、侵入者のパソコンかもしれないので十分注意したい。アイコンの形が「コンピュータ」でない場合には、右クリックして「プロパティ」をクリックしてみる。

  3. ネットワーク家電の可能性も
  4. 品名をインターネットで検索してみると、DVDレコーダーであることがわかる。自宅内のネットワーク対応家電も、「ネットワーク」内に表示される。

  5. 表示を更新
  6. 外出先で別のLANに接続したり、逆に来客が来てLANに参加したりすると、そのときLAN内にあったパソコンがいまだに表示されていることがある。なにもないところを右クリックし「最新の状厳に更新」で表示を更新すると最新の情報に更新される。

  7. とりあえず接続を切ってみる
  8. チェックに時間がかかる場合は、とりあえずネットワーク接続を遮断すべきだ。有線LANならケーブルを抜く。無線LAN の場合は、「ネットワークと共有センター」で「状態の表示」をクリックし、ここで「無効にする」をクリック。

タスクバーに見覚えのないアイコンが表示されている

デスクトップのタスクバーの右端(時計表示の左)にある、アイコンが並んだ領域を「通知領域」というがこの通知領域には、現在超勤しているソフト(の一部)がアイコン表示されている。そのため、ここに見慣れないアイコンがあると「怪しいソフトが起動しているのではないか」と不安になることもあるだろう。そこで、通知領域にあるのが何のソフトなのか調べよう。 その結果、たとえ怪しいソフトではなくても、不要なソフトだとわかったら、スタートアップから外したりアンインストールしたりすれば、余計なソフトが起動しなくなるので高速化や安定化にもつながるはずだ。

  1. 通知領域のアイコンを調べる
  2. 通知領域の中で、ソフト名を調べたいアイコンにマウスポインタをあて、しばらく静止させよう。すると、そのアイコンのソフト名がバルーン表示される

  3. 検索サイトでソフト名を調べる
  4. インストールした覚えのないソフトがあったら、そのソフト名を検索サイトで検索してみよう。何をするソフトなのかがわかるはずだ

  5. スタートアップで自動起動ソフトを調べる
  6. 知らないうちに通知領域にあるソフトは、自動的に起動しているということなので、「スタートアップ」フォルダもチェックしてみよう。通知領域に入っているソフトがあるかどうかは、名前を見るほか、似たアイコンを探すという方法もある

  7. 通知領域を見やすく設定する
  8. タスクバーを右クリックして「プロパティ」の「通知領域」タブを開く。「アクティブでないインジケータを隠す」のチェックを外せば、通知領域内のアイコンが常にすべて表示されるので、おかしなアイコンに気づきやすい