ネットワークに警告表示がでて繋がらない

Windows Vistaには「Windowsファイアウォール」が搭載されている。ファイアウォールとは、パソコンとインターネットの間でやりとりされるデータを全て監視し、不正侵入や情報流出を遮断するソフトのこと。そのため、なんらかのソフトがインターネット接続をしようとすると、Windowsファイアウォールが警告を発して接続を遮断することがある。このような場合は、ファイアウォールの設定でそのソフトの通信を許可しないと、そのソフトがインターネットに接続できなくなってしまうというわけだ。なお、標準装備のブラウザやメーラー、メッセンジャーなどは、最初から許可されている。

  1. ファイアウォールがソフトのネット接続を感知
  2. 使用中のソフトがインターネットに接続しようとすると、このような警告が表示される。「名前」を見て、このソフトにはネット接続させてもいいと思うなら、「ブロックを解除する」をクリックすれば、そのソフトを使えるようになる。怪しいソフトの場合は、「ブロックする」で接続を遮晰する

  3. ファイアウォールの設定をする
  4. 「コントロールパネル」の「Windowsファイアウォール」を聞く。「無効」にするとファイアウォールがオフになるので、どうしてもソフトがネットに接続できない場合は試してみよう。ただしセキュリティが弱くなるので注意が必要。

  5. 再度許可を不許可にす
  6. で「例外」タブをクリックすると、現在接続を許可されているソフトが一覧表示される。接続させてはいけないような怪しいソフトが混ざっていないか確認しよう。ここでチェックを外すと、そのソフトは接続できなくなる。

最新のウィルスからパソコンを守る

ウイルスやスパイウエアなどを利用した、パソコンヘのセキュリティ攻撃は、手口が日を追うごとに新しくなっていく。Windowsのセキュリティ上の弱点を新しく発見してそれを利用したり、Windows が想定していなかった方法で攻撃してくる。そのためマイクロソフトでは、Windowsの弱点を強化し、新しい手口にも対抗できるようにする「更新プログラム」を頻繁に公開している。
「Windows Update」を使えば、この更新プログラムを自動的に入手・インストールすることができる。その際、Windowsの不具合が修正されることもある。初期状態では有効になっているが、改めて使い方を知っておこう。

設定手順

  1. 新プログラムの存在が電源ボタンに通知される
  2. 「電源を切る」ボタンに「!マークが表示されていたら、インストールしていない更新プログラムがあるということ。ここでボタンをクリックすれば、更新プログラムをインストールしたあとで自動的に電源が切れる。

  3. 「Windows Update」の画面を表示
  4. 「!」のようなマークが表示されていいるとき、電源を切らずに更新したい場合は、「スタート」→「すべてのプログラム」→「Windows Update」をクリック。ここで更新プログラムをインストールする。

  5. インストールする更新プログラムを選択する
  6. 2の画面で「利用可能な更新プログラムを表示します」をクリックすると、インストールする更新プログラムを選べるほか、通常ではインストールされない更新プログラムも表示される。インストールしたい更新プログラムにチェックを入れ、「インストール」をクリックする。

  7. 更新する時間を設定

「セキュリティの問題がある」と警告メッセージが出る

デスクトップ画面右下に「コンピュータのセキュリティを確認してください」という警告が表示されることがある。これは、「パソコンを守るために必要な機能がオフになっているか、設定力が正しくない」という警告。「現在ウイルスに感染している」といった意味ではないので、落ち着いて対処しよう。「セキュリティセンター」を開くと、警告の詳しい内容を見ることができるので、その説明に従って対処しよう。なお、理由があってセキュリティ機能を切っており、警告の必要がないという場合には、警告表示を切ることもできるが、危険を見逃すおそれもあるのでおすすめしない。操作は自己責任で行なうこと。

手順

  1. 警告が表示されたらバルーンをクリックする
  2. 通知(バルーン表示)をクリック。なお、問題が1つの場合は、「ファイアウォールは無効になっています」のように問題の内容が具体的に表示される

  3. 問題を確認レr 解決する
  4. 「セキュリティセンター」が開き、問題が一覧表示される。はとんどの問題は、それぞれの説明の部分に配置されている「今すぐ有効にする」「今すぐ更新」といったボタンをクリックすれば解決されるはず。

  5. 警告表示を無効にする
  6. セキュリティセンターの左側にある「セキュリティセンターの菅告方法の変更」をクリックするとこの画面になり、書告方法を変更できる。「通知」はバルーン表示、「アイコン」は通知領域の「×」マークのこと。

  7. 無効にした警告表示を再び表示させる
  8. 通知もアイコンも非表示にすると、警告を再び表示させる方法がわからなくなりがち。「コントロールパネル」から「セキュリティセンター」をクリックし、「セキュリティセンターの警告方法の変更」をクリックすれば画面が開く。

迷惑メール、スパムメールの対処法

迷惑メールが増えると、「受信トレイ」内が迷惑メールだらけになり、本当に大事なメールを見落としてしまう、ということがある。また、迷惑メールの中にはウイルスやスパイウェアが添付されていたり、フィッシング詐欺のサイトに誘導するメールもあるので、うっかりそういったメールを開くのは非常に危険である。Windows vistaからい装備されたメーラー「Windowsメール」には、迷惑メール対策機能を内蔵しており、これを使うと受信したメールの中から迷惑メールだけを自動的に「迷惑メール」フォルダに移動してくれる。迷惑メールを簡単かつ安全に無視できる、迷惑メール対策機能の使い方が次のとおり。

メールの受信

  1. メールの受信時に、迷惑メールやフィッシングメールが発見されると、自動的に「迷惑メール」フォルダに掛J分けられ、メッセージが表示される
  2. 迷惑メール」フォルダを開くと、「迷惑」と判断されたメールが入っている。「差出人」や「件名」をチェックし、誤って必要なメールが含まれていないか確認しよう。ウイルスの危険があるので添付ファイルは開かないこと。

迷惑メール機能の設定

  1. 最初に、迷惑メールの設定を確認しておこう。「Windowsメール」を起動し、「ツール」→「迷惑メールのオプション」をクリックする。
  2. 「オプション」タブで迷惑メールの処理ベルを設定する。通常は、「低」でいいが、心配なら条件を厳しく「高」に設定する。

重要なメールが迷惑メールに振り分けられてしまった場合

  1. 必要なメールを右クリックし、「迷惑メール」→「迷惑メールではないメールとしてマーク」をクリックすると、そのメールは「受信トレイ」に移動される。しかし同じ差出人からのメールは今後も「迷惑」となる可能性がある。
  2. 同じ差出人からのメールが、以降も「迷惑メール」とされないようにするには、「迷惑メール」フォルダ内にある日的のメールを右クリックして「迷惑メール」→ 「差出人を「差出人セーフリスに追加」をクリックする。
  3. 「OK」をクリックで尭了。なお、2の画面で「差出人のドメイン」を選択すると、差出人のメールアドレスと同じドメイン(・・ne.jp など)からのメールがすべて「迷惑」にならなくなる。会社単位で指定する場合などに有効

ウィルス感染したかどうかを診断したい

ウイルス対策ソフトの「ウイルス警告」が表示されるときは、(1)「ウイルスを含むファイルがハードディスク内にあるだけの」のケースと、(2)「ウイルスが発動してパソコンが感染した」ケースの2通りの場合がある。(1)の場合は、ウイルス対策ソフトの機能でウイルスを「駆除」や「削除」すればいい。(2)は、ウィルス対策ソフトが常に最新の状態に保たれていればほとんど発生することはない。
ウイルスが発見された(1)の段階で阻止されるからだ。心配ならば、複数のウイルス対策ソフトでチェックしてみるといいだろう。ここでは「AVG」を使い、ウイルスが発見されたときの対処法を解説する。

無料のウィルス対策ソフト「AVG」をインストール

トップページ上部にある「ダウンロード」をクリックし、この画面で「ダウンロード」をクリック。次の画面でダウンロードし、インストール。プリインストールされているウイルス対策ソフトは、事前にアンインストールしておくこと。
開こうとしたファイルにウィルスが含まれている場合は、書告が表示されるので、ここで「修復」をクリックすると、ファイルを削除できる。削除していいか確信が持てない場合は、「隔離室へ移動」をクリックすると、ウイルス退避用の別フォルダにコピーすることができる。
AVGは定期的にハードディスク全体をウイルススキャンする。ウイルスが見つかると、警告が表示される。「結果の表示」をクリックする。
「ウイルスの結果」タブをクリックすると、発見されたウイルス入りファイルが一覧表示される。1つ1つクリックし、下部の「修復」または「隔離室へ移動」で処理する(操作が可能なボタンのみ表示される)