ブラウザを閉じるときにネット一時ファイルも削除する

インターネット一時ファイルとは、Temporary Internet Filesフォルダに一時的に保存されるブラウザで表示したことのあるWebページが画像などのファイルのこと。インターネット一時ファイルがたまると、ソースが表示されなくなったり、画像が保存できなくなったりする。IE(インターネットエクスプローラー)7を終了するときにインターネット一時ファイルを削除する設定にしておきたい。

  1. IE(インターネットエクスプローラー)を起動。
  2. 「ツール」をクリック。
  3. 「インターネットオプション」をクリック。
  4. 「詳細設定」タブをクリック。
  5. スクロールバーをドラッグして「セキュリティ」を表示。
  6. 「ブラウザを閉じたときにTemporary Internet Files…」にチェックを付ける。
  7. 「OK」をクリックする。

もっと詳しく!

インターネット一時ファイルをブラウザ終了時に削除する設定にしたが、Temporary Internet Filesフォルダに保存されている有効期間のないCookieファイルを削除したい場合には、「ツール」→「インターネットオプション」→「全般」タブ→(閲覧の履歴)の「設定」→「ファイルの表示」をクリックしCookieファイルを表示して、ファイル上で右クリックし、「削除」を選択する。
Cookieファイルは本来、パソコンユーザーを識別して専用ページや興味のあるページを優先的に表示したりするためにつかわれるものだが、Cookieファイルが悪用されて情報流出の原因になることも。すべて削除してしまいたい場合は、「ツール」→「閲覧の履歴の削除」をクリックして「Cookieの削除」を選択すれば一気に削除できる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください