メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

windows vista 快適に使うための設定方法 メンテナンス の紹介

復元ポイント

システムエラーでvistaの調子が悪くなったときに、正常だった頃の状態に戻す機能が「システムの復元」。これは、定期的(最低1日に1回)に「復元ポイント」が作成され、過去の復元ポイントからどの段階に戻るかを選択できる。しかし、復元ポイントが保存できる領域は、1つのドライブに対して約15% が上限になっており、領域がいっぱいになると古い復元ポイントは削除される。そこで、より多くの復元ポイントを残したいときは、別のドライブにも作成しておけばよい。また、復元ポイントは、vista が自動作成するが、重要な変更を加える前に自分で作成することも可能。

  1. 復元ポイントの作成に使うディスク領域を増やす
  2. 「コントロールパネル」から「システム」を開き、タスク欄にある「システムの保護」をクリック。「自動復元ポイント」で、「利用できるディスク」にチェックが入っているドライブに復元ポイントが作成される。領域を増やすには、他のドライブにチェックを入れて「適用」をクリック。

  3. 手動で復元ポイントを作成
  4. 復元ポイントは、自分で作成することが可能だ。手動で作成するには、作成するドライブを選択して「作成」をクリック。

  5. 復元ポイントに名前をつける
  6. この画面が表示されるので、直後にどのような作業をするのかなど、後からわかりやすい名前を付けて「作成」をクリック。「復元ポイントは正常に作成されました」と表示されたら「OK」をクリック。これで復元ポイントが追加される。

Cドライブを全部バックアップ

パソコン全体(またはCドライブ全部)をバックアップしておきたいユーザーは多い。この利点は、必要なアプリケーションソフトをインストールしたあとにバックアップでき、自分で作成したデー夕なども含まれるところにある。つまり、最新の状態でバックアップしておくと、その段階まならいつでも戻せるということ。一方、パソコンに付属のリカバリデータは、購入時の状態に戻つてしまうため、実行するとデータはなくなり、ソフトの再インストールも必要になり手間がかかる。

  1. 「コンピュータのバックアップ」を選択
  2. 「コントロールパネル」から「バックアップと復元センター」を開き、「コンピュータ
    のバックアップ」をクリック。

  3. バックアップ先の指定
  4. バックアップは、ハードディスクかDVDから選択できる。外付けハードディスクがあるならそれでも構わないが、大容量になる上、ハードディスクは壊れる可能性がある。できる限りDVDにバックアップしておこう。指定したら「次へ」をクリックす

  5. バックアップに含めたいドライブも指定
  6. vistaがインストールされたC ドライブは選択済みなので、他のドライブがあるときはバックアップに含めるかどうかを指定する。チェックを入れるとバックアップに含まれる。指定したら「次へ」をクリック。

メール、デジカメの写真などを定期的にバックアップ

万一に備え、ここからはトラブル対策も万全にしておきたい。最悪の場合、大切なデータを失ってしまう恐れもあるのでックアップは必須の作業だビスタには、簡単にバックアップや復元が行なえる「バックアップと復元センター」が搭載されたので、しっかり使いこなしたい。特定のファイルをバックアップするには「ファイルのバックアップ」機能を利用する。はじめて利用するとき、どこにどの種類のファイルをバックアップするか、またどのタイミンクで自動バックアップするかを設定できる。あとは、設定したタイミングで定期的に自動バックアップされるので管理が楽。

  1. 「バックアップと復元センター」を開く
  2. 「コントロールパネル」から「バックアップと復元センター」を開く。ファイルをバックアップするには「ファイルのばックアップ」をクリックする。なお、このバックアップ機能は、「Ulimate」で、「Home Basic」と「Home Premium」には「コンピュータのバックアップ」が表示されない

  3. バックアップ先の指定
  4. バックアップ先は、ハードディスクかCDまたはDVD 、ネットワーク上の他のパソコンやハードディスクなどから選べる。ただし、Vista がインストールされたCドライブだけは、バックアップ先にできない。定期的なバックアップのことを考えると、外付けハードディスクかネットワーク上のドライブがペストだ。選択したら「次へ」をクリック。

  5. バックアップするファイルの種類を選択
  6. バックアップしなくてもよいファイルがあればチェックを外して「次へ」をクリック。「バックアップに含まれないファイルの種類は何ですか?」をクリックすると、バックアップの対象にならないファイルを確認できる。

  7. 自動バックアップのタイミングを設定
  8. 最後に、バックアップを自動実行する頻度と日時を指定する。頻度は「毎日」「毎週」「毎月」から選択できるが、最も安心なのは「毎日」だ。設定できたら「設定を保存してバックアップを開始」をクリック。これでバックアップが始まる。