無線LANが切れる

ネットには、つながり、通信は可能だが、、頻繁に切れてしまうという場合、いくつかの原因が考えられる。まず、他の無線LANとの干渉(混信)だ。無線LANは「1~13」までのチャンネルを使って通信するが、どのチャンネルを使うかは無線LANルータが決める。これを手動で変更すると、解決する場合が多い。また、電子レンジ(使用時に無線LANと同じ周波数帯の電波を出す)やコードレス電話などとの混信もある。この場合は、なるべくこれらの機器から遠ざけ、混信を避ける。また、無通信状態になると、無線LANルータのポートが閉じる(または通信が停止する)設定になっている場合は、設定を見直すと安定する場合もある。

  1. 使用するチャンネルを切り替える
  2. ブラウザで無線LANルータの設定画面を開くと、チャンネルを切り替える項目がある。これを変更することで多の無線LANとの混信を回避できる。

  3. 家電製品との混信を避ける
  4. 「診断と修復」を実行し、「混信元から遠ざけて」と表示されたら混信の可能性が高い。無線通信機器や電子レンジなどからは、できる限り遠ざける。

  5. 周囲に障害物のない場所に置く
  6. 無線LANルータは、周囲に障害物があると電波を診断される。特に鉄には弱く電波が跳ね返されてしまう。周囲に障害物がないように高い棚の上などに設置する。

  7. 無通信状態での無線LANルータの設定を見直す
  8. ダイナミックポートコントロール機能は、LAN側のパソコンがアクセスすると無線LAN ルータがWA N側のポートを開く。データの受け取りが終わるか、タイマー設定値を遇えると自動的にポートが閉じられてしまう。あまりに頻敷こ切れる場合はこの設定を長めに変えてみる。横能名などは機掛こよって異なるので、マニュアル等を参考に設定する。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください