投稿者「admin」のアーカイブ

SONYの新サービスは撮り貯めた写真をすべて同期できる

スマホを手にするようになってからその高画質なカメラでどんどん写真を撮っている人も多いはず。当然、自宅のPCやデジカメにもたくさんの写真がある。
これを一元管理できないものか?と考えているユーザーは多い。

複数の機器で写真を撮ると後から探すのに手間がかかる。また、PCには子供の小さな頃からの写真が大量にあったり。
こうした問題を一挙に解決してくれるのがソニーの写真保存サービス「プレイメモリーズオンライン」に加わった「オールシンク機能」。
オールシンクはパソコンやスマホ、タブレットで管理しているすべての写真を無料でクラウドに保存する機能。

使用法は簡単でパソコンやスマホのプレイメモリーズ専用ソフトを起動して、オールシンク機能をONにするとソフト内に取り込まれている写真を自動的にアップロードしてくれる。
難しい設定や操作はいらないところがいい。
また、同時にその端末にない写真がソフトで見られるようになる。

複数端末の写真を管理するクラウドサービスはほかにもあるが、オールシンクには別の端末にある同じ写真を重複して表示しない機能が搭載されているのが特徴。
単にファイル名で認識するのではなく画像を解析することで制度を高めている。
また「良い写真」を自動判断し、サムネイルで優先的に表示する。
パソコンでもスマホでも同じように写真が整理されており見やすい。また、アップロードした写真は自分以外には公開されないので安心して使用できる。
当然、共有機能を使えば好きな写真を選んで友人や家族に見せることもでる。

パソコンを起動したら最新のニュースを見たい!

ビジネスマンであれば、毎日のニュースのタイトルだけでもさっと見ておきたい!という人は多い。こんな人はrssリーダーでニュースを取り込むと便利。情報収集が欠かせない職種も多くなっているのでニュースやSNSに注目が集まる。

rssリーダーは、登録されたサイトをチェックして更新されたデータを自動的に集めてくれるので、パソコンを起動するとすぐにいつも最新のニュースを読める。

rssリーダーはそれぞれ特徴があるが無料RSSリーダー配布サイトから選ぶといい。

gooのrssリーダーを使うとパソコンを起動すると自動的に「goo RSS リーダー」が起動して、画面左上にニュースティッカーでニュースが流れる。忙しいビジネスマンにはうれしい機能だ。

インデックスサービスを使うとファイルを高速検索する

PC内に保存したファイルも増大にするにつれてどこに保存したのか、わからなくなってしまうことがある。Windowsの検索機能でさがすことができるので是非利用したい!
この検索機能には、検索結果を高速に表示できるインデックスサービス機能が便利。デフォルトの設定では、無効になっているため「有効化」してから使いたい。

  1. 「スタート」メニューから「検索」を開く。
  2. 画面左側のメニューから「設定を返納する」をクリック。
  3. 「インデックスサービスを使う(ローカル検索を速くする)」をクリック。
  4. 「インデックスサービスを有効にしますか?」と促されるので「はい」にチェックを入れて「OK」をクリックする。これでインデックスサービスが有効になる。

ログオン操作を自動化して

Windowsは、他人にパソコンを勝手に使用されないようにパスワード設定を行うことができる。しかし、自分しか使わないパソコンであれば、ログオンするたびにパスーワードを入力するのは賢くないし、高速化とは反対のアクションとなる。
そこで、Windowsログオン時のパスワード入力を省略するための設定。

  1. 「ファイル名を指定して実行」→「control userpassword2」で開く、ユーザーアカウント画面で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し「適用」をクリックする。
  2. 「自動ログオン」画面で表示されるので、ユーザー名(必ず自分のユーザー名)と自分が設定したパスワードを入力して「OK」をクリックする。ただし、パスワードが間違っているとログオンできなくなってしまうので注意が必要。

チェックディスクの実行でHDDのエラーを自動修復

HDDを使っていると、HDDの一部が壊れて、正常にファイルの呼び出しができなくなってしまうことがある。また、システムファイルが壊れてしまう場合もある。
定期的に「チェックディスク」を実行してHDDにエラーがないかチェックしておくといい。エラーの発見でなく修復することも可能。

  1. 「チェックディスク」を起動するには「マイコンピュータ」を開き、チェックしたいドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「プロパティ」画面が表示されたら「ツール」タブを開き「エラーチェック」欄に「チェックする」ボタンをクリック。
  3. システムファイルも含めてしっかりチェックする場合は、「チェックディスクオプション」の2つの項目にチェックを入れて「開始ボタン」をクリック。
  4. 「チェックディスクのオプション」にチェックを入れた場合は、最後に確認画面が表示される。「はい」をクリックしてパソコンを再起動するとチェックディスクが開始される。再起動後は、自動でチェックディスクが開始される。PCのスペックによっては、時間がかかる場合もあるので時間に余裕があるときに行うといい。

CPU割り当て優先度を変更する

複数のソフトを同時に起動していると動作が重くなる。これは、各ソフトに平均的にCPUパワーを割り当てているため。CPUのパワーを必要とするソフトや作業には、優先度を高めに設定してスムーズに動作するようにする。

  1. タスクバー上でも右クリックし、メニューから「タスクマネージャ」を選択。
  2. text
  3. 「タスクマネージャが開くので「アプリケーション」タブの中から優先度を設定したいソフトを選び、右クリックメニュー→「プロセスの表示」を選択。
  4. 画面上部の「プロセス」タブが開き、先ほど選択したソフトがハイライト表示される。選択されたソフトを右クリックして「優先度の設定」→「通常以上」を選択する。ここでリアルタイムを選択するとWindowsのシステムにCPUパワーがまわらなくなってしまうので注意。
  5. ひととおり、設定を変更すると警告ダイアログが表示されるが「はい」をクリックする。

高度なHDDに仮想メモリを移動することで高速化

仮想メモリは初期設定ではWindowsがインストールされているドライブに作られるが、よい高速なHDDを増設したならならば、システムドライブへの負担を減らし、さらにはシステムドライブの断片化を防ぐためにも別ドライブに変更そておくのがおすすめ。

  1. 「コントーロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を開く。「詳細設定」タブの「パフォーマンス」から「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブにある「仮想メモリ」から「変更」ボタンをクリックする。
  3. 「仮想メモリ」に使いたいドライブを選択し、「カスタムサイズ」にチェックを入れる。初期サイズと最大サイズに現在設定されているサイズを入力して「設定」」ボタンをクリックする。
  4. 設定前のドライブにある仮想メモリを使用しないようにするには、Cドライブ(元々仮想目MR追いが設定されていたドライブ)を選択し、「ページングファイルなし」にチェックを入れ、「設定」をクリック。さらに「OK」をクリックして再起動。

仮想メモリを再設定

仮想メモリとはHDD上に作られた仮想的なメモリ領域。初期設定では、物理メモリの1.5倍から3倍まで可変するように設定されている。しかし、そのままでは、断片化を起こす可能性がある。特にCドライブしかない場合は、物理メモリの搭載量や環境に合わせてサイズを固定しておくとシステムが安定する。

  1. 「マイコンピュータ」→右クリック「プロパティ」で「システムのプロパティ」を開く。「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」が開いたら「詳細設定」タブの「仮想メモリ」欄にある「変更」ボタンをクリック。
  3. 「カスタムサイズ」にチェックを入れ、「初期サイズ」「最大サイズ」に画面下の「推奨」に表示された値を入力する。これで仮想メモリのサイズが固定されて断片化が起きなくなる。すでに断片化している場合は、仮想メモリを別のドライブに移してから元のドライブをデフラグして再度、仮想メモリを元のドライブに戻す。
  4. 実際のメモリの使用状況は、「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブで確認することができる。いつも使っているアプリケーションを起動してみて通常のパソコン作業を一通り行った後に「コミットチャージ」の「最大値」を確認。この値が「制限値」に近いようであれば、仮想メモリの容量を増やすか物理メモリを増設する必要がある。

スペックのいい新しいパソコンの購入を検討するのであれば、検索・比較ができる

がおすすめ!

視覚効果オフでさらに高速化

見た目を気にしなければクラシック表示が高速でよいというカスタマイズ方法を紹介しているが、視覚効果をさらにシンプルなものに変更して高速化をすすめるという方法。
XPの画面には、ウィンドウを開閉する際のアニメーションやマウスポインタの影など、細かな視覚効果として見た目の美しさを優先されている。
これらは、見た目には美しいがシステム的には負担で重くなる要因となってしまう。

  1. デスクトップを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「デザイン」タブの「視覚」をクリックする。
  2. 「効果」のウィンドウで「次のアニメーション効果をメニューとして使用する」「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」「大きいアイコンを使用する」「メニューの下に影を表示する」「ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する」「Altキーを押さないときはキーボードナビゲーションの下線を表示しない」のチェックを外す。
  3. さらにパフォーマンスを優先するのであれば、「コントーロールパネル」から「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」をクリックし、「詳細設定」タブにある「パフォーマンス」項目の「設定」をクリックする。
  4. 「視覚効果」タブの「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れればすべての視覚効果の項目が無効になる。元に戻す場合は、「コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する」に設定すれば戻る。

見た目を気にしないのであればクラシックスタイルで画面表示を高速化する

Windows XPでは、初期設定で「ルナ」インターフェイスが使われており、以前のWindowsに比べるとデザインが重視されている。
しかし、美しい表示はCPUやメモリに負荷をかけるため、特に見た目のデザインについてこだわりがないのであれば、表示が簡素なWindowsクラシックスタイルがお薦め。xpが非常にさくさく動くようになる。

デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。「テーマ」タブの「テーマ」から「Windowsクラシック」を選択する。
サンプルのプレビュー表示がクラシック表示になったら「適用」をクリック。これで全体のデザインがクラシック表示に適用される。
さらにタスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択。「スタート」メニュータブから「クラシック[スタート]メニュー」にチェックを入れ、「適用」をクリックする。
これでクラシック表示の設定は完了。