ログオン操作を自動化して

Windowsは、他人にパソコンを勝手に使用されないようにパスワード設定を行うことができる。しかし、自分しか使わないパソコンであれば、ログオンするたびにパスーワードを入力するのは賢くないし、高速化とは反対のアクションとなる。
そこで、Windowsログオン時のパスワード入力を省略するための設定。

  1. 「ファイル名を指定して実行」→「control userpassword2」で開く、ユーザーアカウント画面で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し「適用」をクリックする。
  2. 「自動ログオン」画面で表示されるので、ユーザー名(必ず自分のユーザー名)と自分が設定したパスワードを入力して「OK」をクリックする。ただし、パスワードが間違っているとログオンできなくなってしまうので注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください