xp」カテゴリーアーカイブ

インデックスサービスを使うとファイルを高速検索する

PC内に保存したファイルも増大にするにつれてどこに保存したのか、わからなくなってしまうことがある。Windowsの検索機能でさがすことができるので是非利用したい!
この検索機能には、検索結果を高速に表示できるインデックスサービス機能が便利。デフォルトの設定では、無効になっているため「有効化」してから使いたい。

  1. 「スタート」メニューから「検索」を開く。
  2. 画面左側のメニューから「設定を返納する」をクリック。
  3. 「インデックスサービスを使う(ローカル検索を速くする)」をクリック。
  4. 「インデックスサービスを有効にしますか?」と促されるので「はい」にチェックを入れて「OK」をクリックする。これでインデックスサービスが有効になる。

チェックディスクの実行でHDDのエラーを自動修復

HDDを使っていると、HDDの一部が壊れて、正常にファイルの呼び出しができなくなってしまうことがある。また、システムファイルが壊れてしまう場合もある。
定期的に「チェックディスク」を実行してHDDにエラーがないかチェックしておくといい。エラーの発見でなく修復することも可能。

  1. 「チェックディスク」を起動するには「マイコンピュータ」を開き、チェックしたいドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「プロパティ」画面が表示されたら「ツール」タブを開き「エラーチェック」欄に「チェックする」ボタンをクリック。
  3. システムファイルも含めてしっかりチェックする場合は、「チェックディスクオプション」の2つの項目にチェックを入れて「開始ボタン」をクリック。
  4. 「チェックディスクのオプション」にチェックを入れた場合は、最後に確認画面が表示される。「はい」をクリックしてパソコンを再起動するとチェックディスクが開始される。再起動後は、自動でチェックディスクが開始される。PCのスペックによっては、時間がかかる場合もあるので時間に余裕があるときに行うといい。

未使用の無線LANを停止

無線LANを使用していないにもかかわらず、無線LAN機能が駆動していると、常時アクセスポイントからの電波を自動で監視するためパソコンに養鶏な負荷がかかり動作も不安定になる場合がある。
有線LANで接続していたり、無線ネットワークをつかっていないなどの場合は、無線LAN機能を停止しておくといい。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」をクリックする。
  2. 「LANまたは高速インターネット」カテゴリ内の「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「無効にする」を選択しよう。
  3. 最新のノートパソコンであればほとんどのモデルで無線LANのオン/オフスイッチが用意されているため上記の手順を辿らなくてもスイッチをオフにするだけでいい場合も。

最新のノートPCを検索、比較

電源オプションを設定してバッテリを長持ちさせる

バッテリで駆動するノートPCはしっかり電源の管理をして無駄なバッテリ消費を抑制したい。「電源オプション」のプロパティでは、作用を止めている間は、モニタの電源を切ったり、スタンバイ状態に移行するなど、ノートPCの使い方に合わせた細かい電源の設定が可能。

  1. 「スタート」→メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「電源オプション」を選択。「電源設定タブ」の「電源設定」項目で「ポータブル/ラップトップ」を選択。
  2. 「ポータプル/ラップトップ」の設定では、バッテリの使用時に短時間が設定されている。各項目を自分の使いやすい時間に設定する。
  3. 「アラーム」タブでは「電源レベルが次に達したらバッテリ低下アラームで知らせる」にチェックを入れ、下のスライドバーで設定したバッテリ残量になったときにアラームで知らせてくれるようにする。
  4. 「詳細設定」タブでは、ノートPCの電源やボタンやモニタを閉じたときの動作を設定できる。ちょっと席を外すとき用に「ポータブルコンピュータを閉じたとき」の項目を「スタンバイ」にしておこう。

ノートpcでバッテリ駆動時間が10時間以上のモデルはこちら

スワップファイルを削除してHDDの断片化防止

〔Professional版のみ有効〕
Windowsでは、HDDに仮想メモリを設けることでメモリ不足を防止している。しかし、この仮想メモリで使用されたスワップファイルは、Windowsを終了しても残ってしまうため、HDDの断片化につながってしまう。そこでシャットダウン時に自動で削除される設定にしておきたい。

  1. 「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」「名前」欄に「secpol.msc」と入力して「OK」をクリック。「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」を選択。
  2. 右側のポリシー欄の「シャットダウン:仮想メモリのページファイルをクリアする」をダブルクリックで開き、「ローカルセキュリティの設定」タブの「OK」をクリックする。

タスク機能を利用して定期的にデフラグを行う

パソコンを使っているとどうしてもHDDの断片化は進んでいく。しかし、断片化を解消するデフラグを定期的に実行するのは難しい。どこでタスク機能を使ってデフラグを定期的に実行し、快適なpc環境を維持したい。

  1. 「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「タスク」を選択。「スケジュールされたタスクの追加」をダブルクリック。その後、ウィザードが起動するので「次へ」をクリック。実行するプログラムがの選択画面が表示されたら「参照」をクリックする。
  2. 「ローカルディスク(C:」「WINDOWS」→「SYSTEM32」フォルダを開き、「defrag.exe」を選択して「開く」をクリックする。
  3. タスクの実行単位、開始時刻、曜日などを設定していく。さらに「パスワード」、「パスワードの確認入力」にログインパスワードを入力して「次へ」をクリック。次の画面で設定を確認して「完了」をクリックする。
  4. 新しく作られたタスクをダブルクリックして開き、「タスク」タブの「実行するファイル名」入力欄の最後にデフラグを実行したいドライブ名を「□C(実行したいドライブ名):」と入力して「OK」クリック。□は半角スペース

BIOSのアップデートでシステムを安定させる

周辺機器のドライバをアップデートして最新に保つこともウィンドウズのシステム安定化には重要だが、BIOSのアップデートもシステムを安定させる大事なメンテナンスになるので覚えておきたい!
マザーボードの収められたBIOSは、HDDやキーボードなどの周辺機器を制御するプログラムとなっている。メーカーでは、製品の発表後もBIOSの随時アップデートを行っている。最新のものに更新すれば不具合の解消や安定性の向上に見込める。

  1. BIOSのアップデート方法は機種により異なる。メーカーのウェブサイトでよく確認する必要がある。MSIのAWARD BIOSのアップデート方法で紹介。「スタート」メニュー→「マイコンピューター」を選択。フロッピーディスクドライブを右クリックし、「フォーマット」を選択する。「MS-DOS起動ディスクを作成する」にチェックを入れ、「開始」をクリックする。
  2. 「マイコンピューター」からフロッピーディスクをダブルクリックし、中のデータ(隠しファイルを除く)をすべて削除シリーズ、メーカーのサポートサイトからダウンロードしておいたBIOSアップデート用ファイルとプログラムをコピーする。
  3. 「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「メモ帳」を選択。
  4. テキスト
  5. 「AWFL859.EXE■W721VMS.150■SN/CC/R/IDと入力する。■=半角スペース。
  6. 「ファイル」→「名前付けて保存」を選択肢、「AUTOEXEC.BAT」と名前を付けてフロッピーディスクに保存する。フロッピーディスクを入れたままウィンドウズを再起動し、あとは自動で更新が処理される。

復旧できないようにファイルを完全削除

「ごみ箱」を右クリックし、「ごみ箱を空にする」を実行してもウィンドウズ上から見えなくなるだけで、実はデータは消えずに残っている。データが保存されているドライブ上の場所が上書きされない限り、いつまで残っている。
データを削除したいなら「完全削除」を使ってみる。フリーソフトなので安心して使える。

  1. ソフトをインストールしようとすると最初に「完全削除のインストール」画面が表示されるので「デスクトップにショートカットをつくる」と「アンインストール方法の設定」の「プログラムの追加と削除」に登録する」にチェックを入れて「OK」をクリック。
  2. 「完全削除機能設定」画面が表示されるので特に設定するところが無ければ「OK」をクリック。
  3. デスクトップに「完全削除」のアイコンが作成されるので削除したいファイルをドラッグ&ドロップする。
  4. 「完全削除の確認」画面が表示されるので、問題がなければ「OK」をクリック。

見られたくないファイルやフォルダを暗号化

(Professional版のみ有効)
重要ファイルをさらにセキュリティを高めたいケースもそれぞれあるかもしれない。

などよりもセキュリティを高めたい場合に有効。
Professional版のみに有効となる設定方法だが紹介したい。これは、ファイルやフォルダを暗号化してしまう。というもの。
暗号化を施すと現在使用している(ログオン)しているユーザー以外はファイルを開くことさえできなくなる。

  1. 暗号化したいファイルをフォルダを右クリックして「プロパティ」を開く。
  2. 「プロパティ」画面の「全般」タブにある「詳細設定」をクリック。
  3. 「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
  4. 「プロパティ」画面に戻り「適用」をクリックすると「属性変更の確認」画面が表示されるので、「このフォルダ、よびサブフォルダ~」にチェックを入れ「OK」をクリックする。ファイルを選択した場合、「暗号化に関する警告」画面が表示され「ファイルとその親フォルダを暗号化」と「ファイルだけを暗号化」の2つの方法から選択できる。

マイネットワークにショートカットを残さない

〔OSがプロフェッショナルのみ〕
複数のPCでファイルを共有している場合、「マイネットワーク」にはアクセスした共有フォルダのショートカットが残ってしまい、簡単にアクセス先が判明してしまう。そこでショートカットを表示しない設定にしてセキュリティをアップさせておこう。

  • 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」を選択し、名前の項目に「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリック。「グループポリシー」画面が表示されるので「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「デスクトップ」を順にダブルクリックで開く。
  • 右側のウィンドウの「マイネットワーク」に最近使ったファイルの共有を追加しない」をダブルクリックして開く。「設定」タブの「無効」にチェックを入れ、「OK」をクリックすると設定が反映される。現在あるショートカットは手動で削除。