チェックディスクの実行でHDDのエラーを自動修復

HDDを使っていると、HDDの一部が壊れて、正常にファイルの呼び出しができなくなってしまうことがある。また、システムファイルが壊れてしまう場合もある。
定期的に「チェックディスク」を実行してHDDにエラーがないかチェックしておくといい。エラーの発見でなく修復することも可能。

  1. 「チェックディスク」を起動するには「マイコンピュータ」を開き、チェックしたいドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「プロパティ」画面が表示されたら「ツール」タブを開き「エラーチェック」欄に「チェックする」ボタンをクリック。
  3. システムファイルも含めてしっかりチェックする場合は、「チェックディスクオプション」の2つの項目にチェックを入れて「開始ボタン」をクリック。
  4. 「チェックディスクのオプション」にチェックを入れた場合は、最後に確認画面が表示される。「はい」をクリックしてパソコンを再起動するとチェックディスクが開始される。再起動後は、自動でチェックディスクが開始される。PCのスペックによっては、時間がかかる場合もあるので時間に余裕があるときに行うといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください