xp」タグアーカイブ

CPUの処理速度を優先

ウィンドウズXPでは、バックグラウンドで様々なプログラムが動作。ここで、作業中のソフトの優先度を効率いい状態にしておくことで、ソフトをサクサク動かせるようになる。メモリに余裕があるのであれば、バッググラウンドサービスを優先する手もある。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」をクリック。
  2. 「システムのプロパティ」タブを開く。
  3. 「パフォーマンスオプション」画面の「詳細設定」タブの「プロセッサのスケジュール」項目の「プログラム」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
  4. text

使用していないのなら「ワトソン博士」も停止してメモリの節約をする

ウィンドウズには98の頃からエラー時のメッセージを保存している「ワトソン博士」というプログラムがある。ある程度、ウィンドウズに慣れているユーザーならこのエラーメッセージが役立つようには到底思えない。意味のない機能にメモリを使用するのも、もったいないので「ワトソン博士」の機能を停止してしまおう!

  1. 「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」を選択。名前の欄に「dwtsn32」と入力して「OK」をクリック。
  2. 「Windows ワトソン博士」の画面が表示されたら「オプション」の項目のすべてのチェックを外し「OK」をクリック。

システムキャッシュ優先のメモリ仕様に変更して高速化

メモリはHDDなどから受け取ったデータを、CPUに送信するために一時的にキャッシュしている。通常は、プログラムが優先で使われているが、物理メモリが512MB以上ある場合は、システムキャッシュを優先する設定にすることで全体的な動作を高速化させることが可能。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を選択する。
  2. 「詳細設定」タブの「メモリ使用量」項目の「システムキャッシュ」にチェックを入れ「OK」をクリック。
  3. 「再起動しなければ有効になりません」と表示されたら「OK」をクリック後、ウィンドウズを再起動。

システムの復元に使う容量を節約

ウィンドウズXPにはパソコンが不安定になったり、または起動しなくなってしまったときに、以前の状態に戻すためのの「システムの復元」機能が備わっている。復元ポイントは自動的に作られていくため、放っておくとどんどん増え続け、HDDを圧迫するケースがある。
システムの復元で使うHDDの使用量をあらかじめ調整しておくといい。

  1. 「スタート」メニュー「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」をクリック。
  2. 「システムの復元」タブの「利用可能なドライブ」項目に表示されているドライブを選択し、「設定」をクリック。
  3. 「ディスク領域の使用」項目のスライドバーをマウスで操作し、システムの復元元で使用するHDDのパーセンテージを設定し「OK」をクリック。
  4. 復元ポイントはドライブごとに作成されるため、ドライブが複数ある場合は、ドライブを選び直して設定しておく。まだSSDを利用している場合、一部のSSDで発生するフリーズ現象を防止するため、「全てのどらいぶでシステムの復元を無効にする」にチェックを入れ、「システムの復元」機能事態を無効にしておく。

マイドキュメントを移動させる

マイドキュメント内のファイルやフォルダの場所は、通常Cドライブに設定されており、ウィンドウズのシステムフォルダと同じドライブに設定されている。マイドキュメントはアクセス頻度が高いためCドライブ以外に変更することでシステムへの負担を軽減しつつ高速化を図りたい。

  1. 「スタート」メニューの「マイドキュメント」を右クリックし「プロパティ」を選択。
  2. 「ターゲット」タブの「移動」をクリック。
  3. 「移動先の選択」画面で移動先のドライブをフォルダを選択しOKをクリック。
  4. 「マイドキュメント」の「プロパティ」画面に戻ったら「リンク先」のフォルダを指定がさきほど選択したフォルダになっているかどうかを確認し、「OK」をクリック。マイドキュメントフォルダ内データ移動が開始される。

高速なHDDに仮想メモリを移動させる

仮想メモリはHDD内に作られる仮想的なメモリ領域であるため、そのアクセス速度はHDDのスピードに依存してしまう。より高速なHDDがある場合には、そちらに移動させることでアクセス速度を向上させることができる。

ちなみに仮想メモリは、HDDだけでなくSDカードやUSBメモリなども使用可能。かりにSDカードやUSBメモリに設定した場合、こられのドライブを取り外した状態であってもOSそのものは起動するが仮想メモリの機能は停止しているので注意が必要。
USBメモリなどを仮想メモリに設定する場合は、速度の速いUSBメモリをpcに接続するようにするといい。
速度重視型USBメモリ一覧

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を選択。「詳細設定」タブの「パフォーマンス」項目の「設定」をクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」画面の「詳細設定」タブの「仮想メモリ」項目にある「変更」をクリック。
  3. 仮想メモリを割り当てたいドライブを選択し、「システム管理サイズ」にチェックを入れ「設定」をクリック。
  4. 設定前のドライブ「C:」を選択し、「ページングファイルなし」にチェックを入れ「設定」をクリック「OK」をクリック。

標準搭載のアクセサリを削除

ウィンドウズXPにはゲームやアクセサリツールが標準インストールされているが、特に使わないのであれば削除してシステムのドライブの空き容量を増やすほうがいい。削除してもXPのインストールCDから再度インストールは可能。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」を選択。
  2. 「プログラムの追加と削除」画面の「Windowsコンポーネントの追加と削除」をクリック。
  3. 項目の中には「詳細」をクリックすることで選択したコンポーネント内の一覧を表示できるものもあり、より細かく削除することも可能。

デフラグを短時間で行うツール(Auslogics Disk Defrag)

デフラグを行ってハードディスクを最適化では、デフラグによるHDDの断片化を修正する最適化方法を紹介したが、HDD容量や保存されているファイル数などにもよるが、案外時間がかかる。
そこでAuslogics Disk Defragの使用でデフラグを短時間で行うことが可能になる。ダウンロードして是非使用したい。

  1. Auslogics Disk Defragを起動「Select the disk you want to defragment:」のプルダウンメニューからデフラグを実行したドライブを選択(通常はCドライブ)
  2. ツールによるデフラグが開始。実行速度はウィンドウズ標準のデフラグに比べてかなり高速。
  3. 作業が終了すると結果が表示される。「Finish」をクリックすれば終了。このとき、「Display Report」をクリックするとレポートを閲覧することが可能。
  4. レポートは英語表記だがデフラグした容量や断片化の割合など、詳細な情報を閲覧することができる。

デフラグを行ってハードディスクを最適化

データの書き込みや削除を繰り返していくと、ファイル情報はハードディスク内のあちこちにばらばらに保存されてしまう。「断片化」と言われる症状が発生する。断片化が起こると、データアクセス速度が低下する。定期的なデフラグを行うと断片化が防げる。
デフラグはウィンドウズに標準装備するので1ヶ月に1度とか定期的に行うようにすると言い。

  1. 「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスクデフラグ」を選択。
  2. ディスクデフラグツールが起動。デフラグを実行したいドライブ(通常C:ドライブ)を選択後、「分析」をクリック。
  3. 分析が行われ、結果が表示される。「このボリュームを最適化してください」と表示された場合、断片化が発生しているので「最適化」をクリック。終了すると終了を知らせるダイアログが表示。「閉じる」のクリックで作業が終了する。「レポートの表示」をクリックするとレポートが閲覧できる。

ハードディスクをFAT32からNTFSに変換

HDDを高速化するための最適化方法。ウィンドウズXPのHDDファイルシステムには、セキュリティが高く、大きなファイサイズも扱えるNTFSが採用されている。FAT32形式のドライブは、NTFS形式へと変換することでさらに利便性が高まり、アクセス速度の向上にもつながる。是非実行したい高速化法。

  1. 「スタート」メニュー→「マイコンピューター」を開き、ファイルシステムを調べたいドライブをクリック。画面左側のステータス領域の「詳細」に選択したいドライブのファイルシステムが表示。
  2. NTFS形式に変換するには「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリー」→「コマンドプロント」を選択。
  3. 「convent■(変換したいドライブ名):■/fs:ntfs」と入力して「ENTER」をクリック。ドライブの変換が完了したらコマンドプロントを閉じる。※■は半角スペース
  4. 再度、「マイコンピュータ」を開き、変換したドライブをクリック。「詳細」でファイルシステムが「ntfs」になっているか確認。