CPUの処理速度を優先

ウィンドウズXPでは、バックグラウンドで様々なプログラムが動作。ここで、作業中のソフトの優先度を効率いい状態にしておくことで、ソフトをサクサク動かせるようになる。メモリに余裕があるのであれば、バッググラウンドサービスを優 …

使用していないのなら「ワトソン博士」も停止してメモリの節約をする

ウィンドウズには98の頃からエラー時のメッセージを保存している「ワトソン博士」というプログラムがある。ある程度、ウィンドウズに慣れているユーザーならこのエラーメッセージが役立つようには到底思えない。意味のない機能にメモリ …

システムキャッシュ優先のメモリ仕様に変更して高速化

メモリはHDDなどから受け取ったデータを、CPUに送信するために一時的にキャッシュしている。通常は、プログラムが優先で使われているが、物理メモリが512MB以上ある場合は、システムキャッシュを優先する設定にすることで全体 …

システムの復元に使う容量を節約

ウィンドウズXPにはパソコンが不安定になったり、または起動しなくなってしまったときに、以前の状態に戻すためのの「システムの復元」機能が備わっている。復元ポイントは自動的に作られていくため、放っておくとどんどん増え続け、H …

マイドキュメントを移動させる

マイドキュメント内のファイルやフォルダの場所は、通常Cドライブに設定されており、ウィンドウズのシステムフォルダと同じドライブに設定されている。マイドキュメントはアクセス頻度が高いためCドライブ以外に変更することでシステム …

高速なHDDに仮想メモリを移動させる

仮想メモリはHDD内に作られる仮想的なメモリ領域であるため、そのアクセス速度はHDDのスピードに依存してしまう。より高速なHDDがある場合には、そちらに移動させることでアクセス速度を向上させることができる。 ちなみに仮想 …

標準搭載のアクセサリを削除

ウィンドウズXPにはゲームやアクセサリツールが標準インストールされているが、特に使わないのであれば削除してシステムのドライブの空き容量を増やすほうがいい。削除してもXPのインストールCDから再度インストールは可能。 「ス …

デフラグを短時間で行うツール(Auslogics Disk Defrag)

デフラグを行ってハードディスクを最適化では、デフラグによるHDDの断片化を修正する最適化方法を紹介したが、HDD容量や保存されているファイル数などにもよるが、案外時間がかかる。 そこでAuslogics Disk Def …

デフラグを行ってハードディスクを最適化

データの書き込みや削除を繰り返していくと、ファイル情報はハードディスク内のあちこちにばらばらに保存されてしまう。「断片化」と言われる症状が発生する。断片化が起こると、データアクセス速度が低下する。定期的なデフラグを行うと …

ハードディスクをFAT32からNTFSに変換

HDDを高速化するための最適化方法。ウィンドウズXPのHDDファイルシステムには、セキュリティが高く、大きなファイサイズも扱えるNTFSが採用されている。FAT32形式のドライブは、NTFS形式へと変換することでさらに利 …