未分類」カテゴリーアーカイブ

SONYの新サービスは撮り貯めた写真をすべて同期できる

スマホを手にするようになってからその高画質なカメラでどんどん写真を撮っている人も多いはず。当然、自宅のPCやデジカメにもたくさんの写真がある。
これを一元管理できないものか?と考えているユーザーは多い。

複数の機器で写真を撮ると後から探すのに手間がかかる。また、PCには子供の小さな頃からの写真が大量にあったり。
こうした問題を一挙に解決してくれるのがソニーの写真保存サービス「プレイメモリーズオンライン」に加わった「オールシンク機能」。
オールシンクはパソコンやスマホ、タブレットで管理しているすべての写真を無料でクラウドに保存する機能。

使用法は簡単でパソコンやスマホのプレイメモリーズ専用ソフトを起動して、オールシンク機能をONにするとソフト内に取り込まれている写真を自動的にアップロードしてくれる。
難しい設定や操作はいらないところがいい。
また、同時にその端末にない写真がソフトで見られるようになる。

複数端末の写真を管理するクラウドサービスはほかにもあるが、オールシンクには別の端末にある同じ写真を重複して表示しない機能が搭載されているのが特徴。
単にファイル名で認識するのではなく画像を解析することで制度を高めている。
また「良い写真」を自動判断し、サムネイルで優先的に表示する。
パソコンでもスマホでも同じように写真が整理されており見やすい。また、アップロードした写真は自分以外には公開されないので安心して使用できる。
当然、共有機能を使えば好きな写真を選んで友人や家族に見せることもでる。

パソコンを起動したら最新のニュースを見たい!

ビジネスマンであれば、毎日のニュースのタイトルだけでもさっと見ておきたい!という人は多い。こんな人はrssリーダーでニュースを取り込むと便利。情報収集が欠かせない職種も多くなっているのでニュースやSNSに注目が集まる。

rssリーダーは、登録されたサイトをチェックして更新されたデータを自動的に集めてくれるので、パソコンを起動するとすぐにいつも最新のニュースを読める。

rssリーダーはそれぞれ特徴があるが無料RSSリーダー配布サイトから選ぶといい。

gooのrssリーダーを使うとパソコンを起動すると自動的に「goo RSS リーダー」が起動して、画面左上にニュースティッカーでニュースが流れる。忙しいビジネスマンにはうれしい機能だ。

CPU割り当て優先度を変更する

複数のソフトを同時に起動していると動作が重くなる。これは、各ソフトに平均的にCPUパワーを割り当てているため。CPUのパワーを必要とするソフトや作業には、優先度を高めに設定してスムーズに動作するようにする。

  1. タスクバー上でも右クリックし、メニューから「タスクマネージャ」を選択。
  2. text
  3. 「タスクマネージャが開くので「アプリケーション」タブの中から優先度を設定したいソフトを選び、右クリックメニュー→「プロセスの表示」を選択。
  4. 画面上部の「プロセス」タブが開き、先ほど選択したソフトがハイライト表示される。選択されたソフトを右クリックして「優先度の設定」→「通常以上」を選択する。ここでリアルタイムを選択するとWindowsのシステムにCPUパワーがまわらなくなってしまうので注意。
  5. ひととおり、設定を変更すると警告ダイアログが表示されるが「はい」をクリックする。

視覚効果オフでさらに高速化

見た目を気にしなければクラシック表示が高速でよいというカスタマイズ方法を紹介しているが、視覚効果をさらにシンプルなものに変更して高速化をすすめるという方法。
XPの画面には、ウィンドウを開閉する際のアニメーションやマウスポインタの影など、細かな視覚効果として見た目の美しさを優先されている。
これらは、見た目には美しいがシステム的には負担で重くなる要因となってしまう。

  1. デスクトップを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「デザイン」タブの「視覚」をクリックする。
  2. 「効果」のウィンドウで「次のアニメーション効果をメニューとして使用する」「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」「大きいアイコンを使用する」「メニューの下に影を表示する」「ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する」「Altキーを押さないときはキーボードナビゲーションの下線を表示しない」のチェックを外す。
  3. さらにパフォーマンスを優先するのであれば、「コントーロールパネル」から「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」をクリックし、「詳細設定」タブにある「パフォーマンス」項目の「設定」をクリックする。
  4. 「視覚効果」タブの「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れればすべての視覚効果の項目が無効になる。元に戻す場合は、「コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する」に設定すれば戻る。