ダウンロードしたファイルが見つからない

インターネットからファイルをダウンロードするときは必ず保存先をたずねられるが、意識せずに「保存」をクリックするとダウンロードしたあとにファイルの行方がわからなくなってしまぅことがある。そんな場合は、適当なファイルを再度ダウンロードし、表示されるダイアログで保存先を確認するのが手っ取り早い。というのも、特に指定しなければダウンロードは前回と同じフォルダに保存されるためだ。そこで表示されたフォルダを開くと、行方のわからなかったファイルが見つかる。
また、ファイル名を調べてファイル検索機能を使つて、目的のファイルを探し出すこともできる。

ダウンロード先を調べる

  • ファイルをダウンロードしようとすると「名前を付けて保存」画面が表示される。このとき表示されているフォルダに行方のわからなくなったファイルが保存されている。「キャンセル」をクリックすれば、ダウンロードは中止可能。
  • 確認したフォルダを開くと、行方のわからなかったファイルが見つかる

ファイル検索機能を利用する

  • ファイルをダウンロードしたWebページを開き、ダウンロードしたファイルのファイル名を確認する。ファイル名は、ドラッグで選択してコピーしておくといい
  • 「スタート」メニューの「コンピュータ」をクリック。検索ボックスに調べたファイル名を入力して「Enter」キーを押す。これでファイルがすぐに見つかる。尚、ファイル名が不明なときは、「高度な検索」で「更新日」にDLLした日付を指定して検索すればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください