フォルダにパスワードを設定したい!

ワードやエクセルのファイルであれば、パスワードを設定して開けないようにすることができる。
パスワードを設定できないファイルでもフォルダにパスワードを設定してしまえば、やたらに開けないようにすることができる。

フォルダにパスワードを設定するには、フォルダの「プロパティ」で暗号化属性を設定する。「詳細設定」で「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを付ける。

  1. フォルダを右クリック。
  2. 「プロパティ」をクリック。
  3. 「詳細設定」をクリック。
  4. 「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを付ける。
  5. 「OK」をクリック。
  6. ファイル暗号化キーのバックアップこれにより暗号化されたファイルに永久にアクセスできなくなることを防ぎます。のウィンドウが表示されたらこの吹き出しをクリック。
  7. 「今すぐバックアップする」をクリック。
  8. 「次へ」をクリック。
  9. 「Personal Information Exchange」をクリック。
  10. 「次へ」をクリック。
  11. パスワードを設定。
  12. 設定したパスワードを入力
  13. 「次へ」をクリック。
  14. ファイル名を入力。
  15. 「次へ」をクリック。
  16. 「証明書のエクスポートウィザードの完了のウィンドウで下部の「完了」をクリック。
  17. 「OK」をクリック。

エクスポートしたい証明書は、外部メディアに保存しておく。パソコンが壊れてしまっても暗号化したファイルをバックアップメディアに保存しておけば、パソコンを復旧した後で戻すことができる。
また、ファイルを他の人やパソコンパソコンで共有したい場合にも、作成したファイルを開くことができる。
証明書をインポートするには、暗号化キーをダブルクリックしてファイルを開く。するとインポートウィザードが起動するので、画面に指示に従い、設定したパスワードを入力すればいい。セキュリティ対策にも万全。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください