セキュリティ」カテゴリーアーカイブ

ログオン操作を自動化して

Windowsは、他人にパソコンを勝手に使用されないようにパスワード設定を行うことができる。しかし、自分しか使わないパソコンであれば、ログオンするたびにパスーワードを入力するのは賢くないし、高速化とは反対のアクションとなる。
そこで、Windowsログオン時のパスワード入力を省略するための設定。

  1. 「ファイル名を指定して実行」→「control userpassword2」で開く、ユーザーアカウント画面で「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し「適用」をクリックする。
  2. 「自動ログオン」画面で表示されるので、ユーザー名(必ず自分のユーザー名)と自分が設定したパスワードを入力して「OK」をクリックする。ただし、パスワードが間違っているとログオンできなくなってしまうので注意が必要。

スワップファイルを削除してHDDの断片化防止

〔Professional版のみ有効〕
Windowsでは、HDDに仮想メモリを設けることでメモリ不足を防止している。しかし、この仮想メモリで使用されたスワップファイルは、Windowsを終了しても残ってしまうため、HDDの断片化につながってしまう。そこでシャットダウン時に自動で削除される設定にしておきたい。

  1. 「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」「名前」欄に「secpol.msc」と入力して「OK」をクリック。「ローカルポリシー」→「セキュリティオプション」を選択。
  2. 右側のポリシー欄の「シャットダウン:仮想メモリのページファイルをクリアする」をダブルクリックで開き、「ローカルセキュリティの設定」タブの「OK」をクリックする。

USBメモリを鍵にしてpcをロック

USBメモリを活用すると、USBメモリをpcの鍵にしてロックすることができる。
「USB TOOLS」というツールを使うとできる。
詳しくはこちらのサイトを参照
pcの操作をどこまで禁止するかも設定できるため、USBメモリを持ち歩くことでpcのセキュリティ管理になる。

  1. 解凍したフォルダ内にある「utool.exe」をダブルクリック。「非常時暗証コード登録」画面が表示されるので「コード入力」欄と「確認用」欄に任意の文字を入力し、「登録」をクリックする。
  2. 「確認」画面が表示されるので「OK」をクリックする。
  3. 「USBメモリ「鍵(通常キー」の設定」というウィンドウで「認識」をクリックし、USBメモリをパソコンに装着する。USBメモリを取り外しているかのどうかの確認画面が表示されるので、「OK」をクリック。USBメモリが認識されると「完了」の画面が表示される。
  4. メイン画面が表示されるので「ロック機能を有効にする」にチェックを入れ、「停止中」をクリックするとタスクトレイに常駐し、USBメモリをパソコンから抜くとパソコンがロックされる。

USBメモリの検索、比較はこちら

見られたくないファイルやフォルダを暗号化

(Professional版のみ有効)
重要ファイルをさらにセキュリティを高めたいケースもそれぞれあるかもしれない。

などよりもセキュリティを高めたい場合に有効。
Professional版のみに有効となる設定方法だが紹介したい。これは、ファイルやフォルダを暗号化してしまう。というもの。
暗号化を施すと現在使用している(ログオン)しているユーザー以外はファイルを開くことさえできなくなる。

  1. 暗号化したいファイルをフォルダを右クリックして「プロパティ」を開く。
  2. 「プロパティ」画面の「全般」タブにある「詳細設定」をクリック。
  3. 「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れ「OK」をクリックする。
  4. 「プロパティ」画面に戻り「適用」をクリックすると「属性変更の確認」画面が表示されるので、「このフォルダ、よびサブフォルダ~」にチェックを入れ「OK」をクリックする。ファイルを選択した場合、「暗号化に関する警告」画面が表示され「ファイルとその親フォルダを暗号化」と「ファイルだけを暗号化」の2つの方法から選択できる。

重要ファイルを圧縮してさらにパスワードセキュリティを固める

重要なファイルを隠しファイルに設定するだけではセキュリティが不安だという人には、重要ファイルを圧縮してパスワードを設定するセキュリティ対策がある。
これはZIP形式で圧縮し、パスワードを設定する方法。ZIPファイル内にどんなファイルがあるかがわかっても、パスワードを入力しなければ、解凍、ファイルを開くこともできない。

  1. 圧縮してパスワードを設定したいファイルを右クリックし、メニューの「送る」→圧縮(ZIP形式)フォルダ」うを選択すると、圧縮ファイルが作成される。圧縮したら元のファイルは削除する。
  2. 圧縮ファイルをダブルクリックして開き「ファイル」→「パスワード」の入力欄に任意のパスワードを入力し、「パスワードの確認入力」欄に同じパスワードを入力して、「OK」をクリック。
  3. パスワードを設定したZIPファイルのファイルを開いたり、移動したりしようとすると、「パスワードの入力」画面が表示される。「パスワード」の入力欄にパスワードを入力し、「OK」をクリックしない限り、ZIPファイル内のファイルを操作することができなくなる。

重要ファイルは「隠しファイル」にして非表示にする

重要なファイルであればファイルほど人目につかない場所に置きたい。ファイルそのものを「隠しファイル」属性に変更する方法。通常では表示されないように設定する。ファイルフォルダはどちらも同じように「隠しファイル」属性に変更できる。

  1. 隠しファイルにしたいファイル(フォルダ)を右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。
  2. 「ファイルのプロパティ」画面の「全般」タブの「隠しファイル」にチェックを入れ「OK」をクリックする。すると選択したファイルが半透明になる。
  3. 「スタート」メニュー→「マイコンピューター」を選択し、「ツール」→「フォルダオプション」を選択。
  4. 「表示」タブの「詳細設定」にある「隠しファイル及び隠しフォルダを表示しない」にチェックを入れ「OK」をクリックすると隠しファイルに変更したファイルが表示されなくなる。

マイネットワークにショートカットを残さない

〔OSがプロフェッショナルのみ〕
複数のPCでファイルを共有している場合、「マイネットワーク」にはアクセスした共有フォルダのショートカットが残ってしまい、簡単にアクセス先が判明してしまう。そこでショートカットを表示しない設定にしてセキュリティをアップさせておこう。

  • 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」を選択し、名前の項目に「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリック。「グループポリシー」画面が表示されるので「ユーザーの構成」→「管理用テンプレート」→「デスクトップ」を順にダブルクリックで開く。
  • 右側のウィンドウの「マイネットワーク」に最近使ったファイルの共有を追加しない」をダブルクリックして開く。「設定」タブの「無効」にチェックを入れ、「OK」をクリックすると設定が反映される。現在あるショートカットは手動で削除。

IEの履歴を残さない

最近は、様々なブラウザが登場して自分好みのブラウザでインターネットをしているユーザーが増えたが、やっぱり一番多いのはIE(インターネットエクスプローラー)ではなないだろうか?ウィンドウズに標準で搭載されているため、利用するユーザーが多い。
たくさんの種類のウェブブラウザがあるがこちらがわかりやすい。
無料ウェブブラウザ一覧

このインターネットエクスプローラーでは、アクセスしたウェブサイトの情報を履歴として保存している。初期設定では、アクセスしたウェブサイトを20日分保存しているが、見られたくないのであれば、この履歴を残さない設定も可能。

  • IEの「ツール」→「インターネットオプション」を選択。「全般」タブの「閲覧の履歴」項目にある「設定」をクリック。
  • 「履歴」項目にあるページを履歴で保持する日数」の数値を「0」に変更し「OK」をクリック。さらに「インターネットオプション」画面に戻り、「OK」をクリックすればいい。「IE8」では「In Private」でアクセスすれば、その間の履歴は残さずにウェブサイトにアクセスできる。

徹底的にセキュリティーにこだわるのであれば、ブラウザをUSBメモリに入れて持ち運ぶことも可能。
USBメモリに入れる高機能ウェブブラウザ(Firefox Portable)などは普段、自宅や会社で使用しているお気に入りやその自分仕様で使い慣れている設定もUSBメモリに入れて持ち運ぶことが可能。Firefox Portableなら自宅や会社の設定を持ち歩ける上にネットで閲覧の履歴などは一切残らない。

ウィンドウズメディアプレーヤーで再生した履歴を残さない(表示させない)

前回は、「最近使ったファイル」を履歴に残さないというセキュリティ対策でしたが、今回はWindows Media Player11の初期設定では、最近再生したファイル名が残る設定になっている。どんなファイルを再生したのか?どのURLにアクセスしたのか?が判明してしまうのでこれを表示しない設定にする方法を紹介。

  • Windows Media Player11を起動しツールバーを右クリック。「ツール」→「オプション」を選択。
  • 「オプション」画面の「プライバシー」タブを開き、「履歴」項目にある「ファイルやURLの履歴をプレーヤーに保存する」のチェックを外す。さらに「履歴の消去」「キャッシュの消去」をクリックし「OK」をクリックする。

「最近使ったファイル」の履歴は残さない

「スタート」メニューに用意されている「最近使ったファイル」には、前にアクセスしたファイルの一覧が表示される。すぐに作業にとりかかることができる便利な機能ではあるが、複数人でPCを共有しているような場合には、直近に使っていたファイルやアプリを知られたくない場合もある。
この機能を無効にする方法。

  • 「スタート」ボタンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「タスクバー」と「スタート」メニューのプロパティが表示されたら「スタート」メニュータブの「カスタマイズ」をクリック。
  • 「詳細設定」タブを開き、「最近開いたドキュメントを一覧表示する」のチェックを外す。さらに「一覧のクリア」をクリックし「OK」をクリック。タスクバーと「スタート」メニューのプロパティ画面に戻り「OK」をクリックする。