メンテナンス」カテゴリーアーカイブ

windows XP メンテナンス による PC スピードアップ設定術の紹介

チェックディスクの実行でHDDのエラーを自動修復

HDDを使っていると、HDDの一部が壊れて、正常にファイルの呼び出しができなくなってしまうことがある。また、システムファイルが壊れてしまう場合もある。
定期的に「チェックディスク」を実行してHDDにエラーがないかチェックしておくといい。エラーの発見でなく修復することも可能。

  1. 「チェックディスク」を起動するには「マイコンピュータ」を開き、チェックしたいドライブのアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「プロパティ」画面が表示されたら「ツール」タブを開き「エラーチェック」欄に「チェックする」ボタンをクリック。
  3. システムファイルも含めてしっかりチェックする場合は、「チェックディスクオプション」の2つの項目にチェックを入れて「開始ボタン」をクリック。
  4. 「チェックディスクのオプション」にチェックを入れた場合は、最後に確認画面が表示される。「はい」をクリックしてパソコンを再起動するとチェックディスクが開始される。再起動後は、自動でチェックディスクが開始される。PCのスペックによっては、時間がかかる場合もあるので時間に余裕があるときに行うといい。

タスク機能を利用して定期的にデフラグを行う

パソコンを使っているとどうしてもHDDの断片化は進んでいく。しかし、断片化を解消するデフラグを定期的に実行するのは難しい。どこでタスク機能を使ってデフラグを定期的に実行し、快適なpc環境を維持したい。

  1. 「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「タスク」を選択。「スケジュールされたタスクの追加」をダブルクリック。その後、ウィザードが起動するので「次へ」をクリック。実行するプログラムがの選択画面が表示されたら「参照」をクリックする。
  2. 「ローカルディスク(C:」「WINDOWS」→「SYSTEM32」フォルダを開き、「defrag.exe」を選択して「開く」をクリックする。
  3. タスクの実行単位、開始時刻、曜日などを設定していく。さらに「パスワード」、「パスワードの確認入力」にログインパスワードを入力して「次へ」をクリック。次の画面で設定を確認して「完了」をクリックする。
  4. 新しく作られたタスクをダブルクリックして開き、「タスク」タブの「実行するファイル名」入力欄の最後にデフラグを実行したいドライブ名を「□C(実行したいドライブ名):」と入力して「OK」クリック。□は半角スペース

画面表示がおかしいときは、「Direct X」の診断を

3D表示対応のゲームソフトなどで画面の表示に不具合が発生するような場合は、「Direct X診断ツール」を利用して「Direct X」の不具合を確認したい。また最新の「Direct X」を導入することで不具合を解消出来る場合もある。

  1. 「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「システム情報」を選択。さらに「ツール」→「Direct X診断ツール」を選択。
  2. 「Direct X診断ツール」の「システム」タブでは現在導入されているバージョンを確認。
  3. 最新の「Direct X」を導入する場合は、https://www.microsoft.com/ja-jp/directx/から最新版をダウンロードしたい。