高速化」カテゴリーアーカイブ

インデックスサービスを使うとファイルを高速検索する

PC内に保存したファイルも増大にするにつれてどこに保存したのか、わからなくなってしまうことがある。Windowsの検索機能でさがすことができるので是非利用したい!
この検索機能には、検索結果を高速に表示できるインデックスサービス機能が便利。デフォルトの設定では、無効になっているため「有効化」してから使いたい。

  1. 「スタート」メニューから「検索」を開く。
  2. 画面左側のメニューから「設定を返納する」をクリック。
  3. 「インデックスサービスを使う(ローカル検索を速くする)」をクリック。
  4. 「インデックスサービスを有効にしますか?」と促されるので「はい」にチェックを入れて「OK」をクリックする。これでインデックスサービスが有効になる。

高度なHDDに仮想メモリを移動することで高速化

仮想メモリは初期設定ではWindowsがインストールされているドライブに作られるが、よい高速なHDDを増設したならならば、システムドライブへの負担を減らし、さらにはシステムドライブの断片化を防ぐためにも別ドライブに変更そておくのがおすすめ。

  1. 「コントーロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を開く。「詳細設定」タブの「パフォーマンス」から「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブにある「仮想メモリ」から「変更」ボタンをクリックする。
  3. 「仮想メモリ」に使いたいドライブを選択し、「カスタムサイズ」にチェックを入れる。初期サイズと最大サイズに現在設定されているサイズを入力して「設定」」ボタンをクリックする。
  4. 設定前のドライブにある仮想メモリを使用しないようにするには、Cドライブ(元々仮想目MR追いが設定されていたドライブ)を選択し、「ページングファイルなし」にチェックを入れ、「設定」をクリック。さらに「OK」をクリックして再起動。

仮想メモリを再設定

仮想メモリとはHDD上に作られた仮想的なメモリ領域。初期設定では、物理メモリの1.5倍から3倍まで可変するように設定されている。しかし、そのままでは、断片化を起こす可能性がある。特にCドライブしかない場合は、物理メモリの搭載量や環境に合わせてサイズを固定しておくとシステムが安定する。

  1. 「マイコンピュータ」→右クリック「プロパティ」で「システムのプロパティ」を開く。「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」が開いたら「詳細設定」タブの「仮想メモリ」欄にある「変更」ボタンをクリック。
  3. 「カスタムサイズ」にチェックを入れ、「初期サイズ」「最大サイズ」に画面下の「推奨」に表示された値を入力する。これで仮想メモリのサイズが固定されて断片化が起きなくなる。すでに断片化している場合は、仮想メモリを別のドライブに移してから元のドライブをデフラグして再度、仮想メモリを元のドライブに戻す。
  4. 実際のメモリの使用状況は、「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブで確認することができる。いつも使っているアプリケーションを起動してみて通常のパソコン作業を一通り行った後に「コミットチャージ」の「最大値」を確認。この値が「制限値」に近いようであれば、仮想メモリの容量を増やすか物理メモリを増設する必要がある。

スペックのいい新しいパソコンの購入を検討するのであれば、検索・比較ができる

がおすすめ!

見た目を気にしないのであればクラシックスタイルで画面表示を高速化する

Windows XPでは、初期設定で「ルナ」インターフェイスが使われており、以前のWindowsに比べるとデザインが重視されている。
しかし、美しい表示はCPUやメモリに負荷をかけるため、特に見た目のデザインについてこだわりがないのであれば、表示が簡素なWindowsクラシックスタイルがお薦め。xpが非常にさくさく動くようになる。

デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。「テーマ」タブの「テーマ」から「Windowsクラシック」を選択する。
サンプルのプレビュー表示がクラシック表示になったら「適用」をクリック。これで全体のデザインがクラシック表示に適用される。
さらにタスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択。「スタート」メニュータブから「クラシック[スタート]メニュー」にチェックを入れ、「適用」をクリックする。
これでクラシック表示の設定は完了。

「休止状態」「スタンバイ」を使い分けて高速起動

ちょっと席を外す時などにいちいちパソコンの電源を落としていたのでは、起動時間も煩わしく感じてしまう。そんなときは、「スタンバイ」「休止状態」をうまく利用したい。「スタンバイ」はメモリ内に、「休止状態」はHDDに、作業途中のデータを保存しておき、素早く起動することができる。
「スタート」「コントーロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「電源オプション」を開き「休止状態」タブの「休止状態を有効にする」にチェックを入れる。
同じ「電源オプションのプロパティ」の「詳細設定」タブからデスクトップパソコンなら「コンピュータの電源ボタンを押したとき」ノートパソコンであれば、「ポータブルコンピュータを閉じたとき」の項目から動作を決めておくといい。
さらにスリープボタンがある場合には、項目が増える。

未使用の無線LANを停止

無線LANを使用していないにもかかわらず、無線LAN機能が駆動していると、常時アクセスポイントからの電波を自動で監視するためパソコンに養鶏な負荷がかかり動作も不安定になる場合がある。
有線LANで接続していたり、無線ネットワークをつかっていないなどの場合は、無線LAN機能を停止しておくといい。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」をクリックする。
  2. 「LANまたは高速インターネット」カテゴリ内の「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「無効にする」を選択しよう。
  3. 最新のノートパソコンであればほとんどのモデルで無線LANのオン/オフスイッチが用意されているため上記の手順を辿らなくてもスイッチをオフにするだけでいい場合も。

最新のノートPCを検索、比較

fax機不要(PCでFAXを受信する設定を)

モデムが搭載されているPCであれば、ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもモジュラーケーブルを接続すればパソコン上でFAXの送受信が行える。こうしたFAX機能を使えばわざわざ印刷することなくFAXドキュメントを送受信できる。さらに画像としてドキュメントを保存することも可能。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」を開き、「FAXのセットアップ」をクリック。
  2. 「コンポーネントの構成」画面が表示され、XPのインストールCDを求める大ログが表示されるのでCDーROMドライブに挿入後、「OK」をクリック。
  3. 「プリンタとFAX」画面に戻るので、「ローカルのFAXプリンタのインストール」をクリック。
  4. 一覧に表示された「FAX」をダブルクリックするとメールソフトのような画面が表示。受信したFAXは「着信」または「受信トレイ」に画像として保存される。FAXを送信するときは、プリンタのかわりにFAXを指定する。

最新のパソコンではノートパソコンでもデスクトップパソコンでもモデムポートを搭載しているものはほとんどありません。ダイアルアップでネット接続する機会がほとんどないためです。
モデムカードも新品を購入するとなると意外に割高です。
中古の古いPCを購入するとモデムポートが標準搭載されているものがあるので活用するといいかもしれません。
楽天で中古ノートPC一覧を見てみる

プリンタの共有設定をしたら共有プリンタで出力してみる

プリンタが接続されているパソコンの共有設定を行ったら他のパソコンから共有されたプリンタを利用できるように設定してみよう。共有するには、利用するプリンタのドライブソフトが必要になるので事前に用意しておこう!

  1. 印刷を実行したいパソコンで「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」をクリック。「プリンタのインストール」をクリック。
  2. 「プリンタの追加ウィザードの開始」が起動するので「次へ」をクリック。「ネットワーク プリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ」にチェックを入れ「次へ」をクリック。
  3. 「プリンタを参照する」にチェックを入れ「次へ」をクリック。
  4. 「共有プリンタ」項目から共有されているパソコン名をダブルクリックし、共有設定されたプリンタを選択。「次へ」をクリック。ドライバソフトをインストールし、設定が完了するとウィザードが終了。
  5. 「プリンタとFAX」亀にネットワークプリンタのアイコンが追加される。あとは印刷する際にネットワークプリンタが設定されていることを確認して印刷。

プリンタの共有設定をして複数のpcから印刷できるようにする

メインマシン以外にネットブックやモバイルなどの複数のpcをLAN接続しているのであれば、プリンタも共有して使えるようにカスタマイズしたい。プリンタが接続されているパソコンで共有設定する必要がある。
共有設定をしても、プリンタが接続されているパソコンが起動していないとプリントできないので注意しよう。

  1. プリンタが接続されたパソコンで「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」をクリック。すでに接続されているプリンタのアイコンを右クリックし、「共有」を選択。
  2. プリンタのプロパティ画面が開いたら「共有」タブの「危険性を理解した上でウィザードを使わない設定を選択する場合はここをクリックしてください」をクリック。
  3. 「ウィザードを使わずにプリンタを共有を有効にする」にチェックを入れ「OK」をクリック。
  4. 共有タブの「このプリンタを共有する」にチェックを入れ、「OK」をクリック。
  5. 「プリンタとFAX」画面に戻ると設定したプリンタのアイコンに手のマークが付いている。これで他のプリンタから共有できるようになる。

エクスプローラーを活用してファイル操作を効率化

「エクスプローラー」では、左側にフォルダ構造がツリー状に表示され、右側には選択しているフォルダの中身が表示される。フォルダ構造を確認しやすく、目的のフォルダへすばやくアクセスできる。ドラッグ&ドロップのコピー・移動なども1画面以内で行うことができる

  1. 任意のフォルダを開き画面上部の「フォルダ」をクリック。ウィンドウ左側にツリー形式でフォルダ構造が表示される。
  2. フォルダアイコンの右側にある「+」をクリックすると1階層下のフォルダが展開される。
  3. ドラッグ&ドロップで目的のファイルを1つのウィンドウ内で移動可能。フォルダウィンドウを2つ開いているのと同じように作業が行える。このとき「Ctrl」キーを押しながらファイルを操作するとコピーになる。
  4. ファイルやフォルダを右クリックし「エクスプローラー」を選択して、エクスプローラー画面を選択することも可能。