高度なHDDに仮想メモリを移動することで高速化

仮想メモリは初期設定ではWindowsがインストールされているドライブに作られるが、よい高速なHDDを増設したならならば、システムドライブへの負担を減らし、さらにはシステムドライブの断片化を防ぐためにも別ドライブに変更そておくのがおすすめ。

  1. 「コントーロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を開く。「詳細設定」タブの「パフォーマンス」から「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」の「詳細設定」タブにある「仮想メモリ」から「変更」ボタンをクリックする。
  3. 「仮想メモリ」に使いたいドライブを選択し、「カスタムサイズ」にチェックを入れる。初期サイズと最大サイズに現在設定されているサイズを入力して「設定」」ボタンをクリックする。
  4. 設定前のドライブにある仮想メモリを使用しないようにするには、Cドライブ(元々仮想目MR追いが設定されていたドライブ)を選択し、「ページングファイルなし」にチェックを入れ、「設定」をクリック。さらに「OK」をクリックして再起動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください