未使用の無線LANを停止

無線LANを使用していないにもかかわらず、無線LAN機能が駆動していると、常時アクセスポイントからの電波を自動で監視するためパソコンに養鶏な負荷がかかり動作も不安定になる場合がある。
有線LANで接続していたり、無線ネットワークをつかっていないなどの場合は、無線LAN機能を停止しておくといい。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」をクリックする。
  2. 「LANまたは高速インターネット」カテゴリ内の「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「無効にする」を選択しよう。
  3. 最新のノートパソコンであればほとんどのモデルで無線LANのオン/オフスイッチが用意されているため上記の手順を辿らなくてもスイッチをオフにするだけでいい場合も。

最新のノートPCを検索、比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください