ネットワークの使用が限定されている

通知領域に「ネットワークの使用が限定されています」と表示されたり、他のパソコンにアクセスできない、インターネットに接続できないといった場合、「ネットワークと共有センター」を開いてみよう。マップでネットワーク名が識別されていないネットワーク」になり、インターネットに接続されていないことを示す「×」が表示されるはずなので、「×」をクリック。すると「診断と修復」が実行され「IP設定」に問題があることがわかる。解決策をクリックしても解決できないときは、ルータのDHCP機能に問題がある可能性が高い。ルータの設定画面を開き、DHCPを有効に設定してみよう。

  1. 「診断と修復」を実行
  2. 通信ができないときは「コントロールパネル」から「ネットワークと共有センター」を開き、を開き、障害の発生している「×」をクリック。この場合は、IP設定を自動取得できていないことが原因だと予測できる。とりあえずト新しいIP設定を自動的に取得します」をクリック。
  3. 問題を修復できない
  4. 修復を試みても修正できない場合は、パソコンではなくルータ例の設定に問題があるので「キャンセル」をクリック。

  5. ルーターの設定を確認
  6. ブラウザでルータの設定画面を開き、マニュアルやヘルプを参考にネットワー
    クの設定を確認する。画面の場合「DHCPサーバ」が「無効」になっていることがわかるので「詳細設定」をクリック。

  7. DHCPを有効にする
  8. 「DHCPサーバ」を「有効」にして設定を保存。しばらくすると、問題が解決してしているはずだ。通信できないときはパソコンを再起動してみよう

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください