タッチパッドの設定を最適化

XPを最適化して効率化、高速化を図る際に周辺機器の最適化も大きな役割を果たすことが多い。キーボードを最適化なども周辺機器の最適化になるが、今回はノートPCでは欠かせないタッチパッドの最適化。
タッチパッドは、マウスと同じ操作を行うことができる便利な機能。
ダブルクリックの速度であったり、自動的に既定のボタン上に移動するなどの設定が行える。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「マウス」をクリック。「ボタン」タブでタッチパッドのクリック設定などが可能。
  2. 「ポインタオプション」タブの「動作」項目の「ポインタを自動的に既定のボタンの上に移動する」にチェックを入れ「OK」をクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください