エラー報告はオフに

ウィンドウズXPには、システムやソフトなどが異常終了したりした場合にエラーの内容をマイクロソフト社に送信する機能を装備している。送信したからといってそのトラブルが解決するわけではなくマイクロソフト社が開発や機能向上のために行う情報収集である。
速度アップのためにはこの報告機能を無効にする。

  1. 「スタートメニュー」→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を開く。「詳細設定」タブの「エラー報告」をクリック。
  2. 「エラー報告」画面で「エラー報告を無効にする」にチェックを入れ「Ok」をクリック。
  3. 「システム」のプロパティ画面に戻ったら「起動と回復」項目の「設定」をクリック。
  4. 「システムエラー」項目の「システムにログにイベントを書き込む」「管理者へ警告を送信する」のチェックを外し「でバック情報の書き込み」のプルダウンメニューから「なし」を選択し「Ok」をクリックする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください