カスタマイズ」カテゴリーアーカイブ

仮想メモリを再設定

仮想メモリとはHDD上に作られた仮想的なメモリ領域。初期設定では、物理メモリの1.5倍から3倍まで可変するように設定されている。しかし、そのままでは、断片化を起こす可能性がある。特にCドライブしかない場合は、物理メモリの搭載量や環境に合わせてサイズを固定しておくとシステムが安定する。

  1. 「マイコンピュータ」→右クリック「プロパティ」で「システムのプロパティ」を開く。「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリック。
  2. 「パフォーマンスオプション」が開いたら「詳細設定」タブの「仮想メモリ」欄にある「変更」ボタンをクリック。
  3. 「カスタムサイズ」にチェックを入れ、「初期サイズ」「最大サイズ」に画面下の「推奨」に表示された値を入力する。これで仮想メモリのサイズが固定されて断片化が起きなくなる。すでに断片化している場合は、仮想メモリを別のドライブに移してから元のドライブをデフラグして再度、仮想メモリを元のドライブに戻す。
  4. 実際のメモリの使用状況は、「タスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブで確認することができる。いつも使っているアプリケーションを起動してみて通常のパソコン作業を一通り行った後に「コミットチャージ」の「最大値」を確認。この値が「制限値」に近いようであれば、仮想メモリの容量を増やすか物理メモリを増設する必要がある。

スペックのいい新しいパソコンの購入を検討するのであれば、検索・比較ができる

がおすすめ!

未使用の無線LANを停止

無線LANを使用していないにもかかわらず、無線LAN機能が駆動していると、常時アクセスポイントからの電波を自動で監視するためパソコンに養鶏な負荷がかかり動作も不安定になる場合がある。
有線LANで接続していたり、無線ネットワークをつかっていないなどの場合は、無線LAN機能を停止しておくといい。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」をクリックする。
  2. 「LANまたは高速インターネット」カテゴリ内の「ワイヤレスネットワーク接続」を右クリックし、「無効にする」を選択しよう。
  3. 最新のノートパソコンであればほとんどのモデルで無線LANのオン/オフスイッチが用意されているため上記の手順を辿らなくてもスイッチをオフにするだけでいい場合も。

最新のノートPCを検索、比較

電源オプションを設定してバッテリを長持ちさせる

バッテリで駆動するノートPCはしっかり電源の管理をして無駄なバッテリ消費を抑制したい。「電源オプション」のプロパティでは、作用を止めている間は、モニタの電源を切ったり、スタンバイ状態に移行するなど、ノートPCの使い方に合わせた細かい電源の設定が可能。

  1. 「スタート」→メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「電源オプション」を選択。「電源設定タブ」の「電源設定」項目で「ポータブル/ラップトップ」を選択。
  2. 「ポータプル/ラップトップ」の設定では、バッテリの使用時に短時間が設定されている。各項目を自分の使いやすい時間に設定する。
  3. 「アラーム」タブでは「電源レベルが次に達したらバッテリ低下アラームで知らせる」にチェックを入れ、下のスライドバーで設定したバッテリ残量になったときにアラームで知らせてくれるようにする。
  4. 「詳細設定」タブでは、ノートPCの電源やボタンやモニタを閉じたときの動作を設定できる。ちょっと席を外すとき用に「ポータブルコンピュータを閉じたとき」の項目を「スタンバイ」にしておこう。

ノートpcでバッテリ駆動時間が10時間以上のモデルはこちら

不要であればリモートデスクトップのサービスは停止したほうが安定する

Windows XP Professionalにはパソコンをインターネットなどのネットワーク上の他のPCから遠隔操作ができる「リモートデスクトップ」機能を装備されている。
通常は、こうした遠隔操作は不要なので無効化してPCの負担を軽減すると安定化によい。

  1. 「リモートデスクトップ」機能は、ほかのPCから遠隔操作できるが、別の場所でPCを利用していないのであれば、必要ない機能となる。
  2. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」を選択。
  3. 「システムのプロパティ」画面の「リモート」タブを開き、「このコンピューターからリモートアシスタンスの招待を送信することを許可する」のチェックを外す。また「このコンピュータがリモートで接続することを許可する」のチェックも外す。
  4. Home Editionでは「リモートアシスタンス」機能のみ搭載。「このコンピュータからリモートアシスタンスの招待を送信することを許可する」のチェックは外す。

復旧できないようにファイルを完全削除

「ごみ箱」を右クリックし、「ごみ箱を空にする」を実行してもウィンドウズ上から見えなくなるだけで、実はデータは消えずに残っている。データが保存されているドライブ上の場所が上書きされない限り、いつまで残っている。
データを削除したいなら「完全削除」を使ってみる。フリーソフトなので安心して使える。

  1. ソフトをインストールしようとすると最初に「完全削除のインストール」画面が表示されるので「デスクトップにショートカットをつくる」と「アンインストール方法の設定」の「プログラムの追加と削除」に登録する」にチェックを入れて「OK」をクリック。
  2. 「完全削除機能設定」画面が表示されるので特に設定するところが無ければ「OK」をクリック。
  3. デスクトップに「完全削除」のアイコンが作成されるので削除したいファイルをドラッグ&ドロップする。
  4. 「完全削除の確認」画面が表示されるので、問題がなければ「OK」をクリック。

アカウントのロックアウトの回数を制限(1台のPCを複数人で使用している)

(本機能はOSがプロフェッショナルのみのケースとなります)
1台のパソコンを複数人で使用しているなら、複数のユーザーとパスワードが設定されているはずです。その場合は、パスワードの入力回数も制限しておき、セキュリティを強化するといい。
制限回数を超えると、正規のパスワードを入力してもログオンできなくなる。

  1. 「スタート」→メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「管理ツール」をクリック。
  2. 「管理ツール」フォルダが開いたら、「ローカルとセキュリティポリシー」タブをクリック。
  3. 「セキュリティー設定」→「アカウントポリシー」「アカウントアウトのポリシー」をクリックする。右側のポリシーに表示された「アカウントのロクアウトのしきい値」をダブルクリックして開く。
  4. 「アカウントのロックアウト」項目に数値を入力し「OK」をクリックする。
  5. 「OK」をクリックすると「提案された値は変更します」の画面が表示されるので「OK」をクリックする。

スピーカーに合わせて最適な設定に変更

Windows XPでは、接続されているスピーカーに合わせて「スピーカーの種類」を設定することで最適なサウンド出力を行うことができるようになっている。新しいスピーカーを購入した場合、必ずこの設定を行いたい。
サウンドカードやDVD再生ソフトの出力設定もそれにあわせて設定しておこう!

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「サウンド、音声、およびオーディオデバイス」をクリック。「スピーカーの設定を変更する」をクリック。
  2. 「音量」タブのスピーカーの設定」項目にある「詳細設定」をクリック。
  3. 「スピーカー」タブを開き、「スピーカーの種類」のプルダウンメニューから接続しているスピーカーの種類を指定し「OK」をクリックしよう。
  4. サウンドカード独自の設定ユーティリティーがインストールされているならば、そちらでもスピーカーの設定をしよう

fax機不要(PCでFAXを受信する設定を)

モデムが搭載されているPCであれば、ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもモジュラーケーブルを接続すればパソコン上でFAXの送受信が行える。こうしたFAX機能を使えばわざわざ印刷することなくFAXドキュメントを送受信できる。さらに画像としてドキュメントを保存することも可能。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」を開き、「FAXのセットアップ」をクリック。
  2. 「コンポーネントの構成」画面が表示され、XPのインストールCDを求める大ログが表示されるのでCDーROMドライブに挿入後、「OK」をクリック。
  3. 「プリンタとFAX」画面に戻るので、「ローカルのFAXプリンタのインストール」をクリック。
  4. 一覧に表示された「FAX」をダブルクリックするとメールソフトのような画面が表示。受信したFAXは「着信」または「受信トレイ」に画像として保存される。FAXを送信するときは、プリンタのかわりにFAXを指定する。

最新のパソコンではノートパソコンでもデスクトップパソコンでもモデムポートを搭載しているものはほとんどありません。ダイアルアップでネット接続する機会がほとんどないためです。
モデムカードも新品を購入するとなると意外に割高です。
中古の古いPCを購入するとモデムポートが標準搭載されているものがあるので活用するといいかもしれません。
楽天で中古ノートPC一覧を見てみる

プリンタの共有設定をしたら共有プリンタで出力してみる

プリンタが接続されているパソコンの共有設定を行ったら他のパソコンから共有されたプリンタを利用できるように設定してみよう。共有するには、利用するプリンタのドライブソフトが必要になるので事前に用意しておこう!

  1. 印刷を実行したいパソコンで「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」をクリック。「プリンタのインストール」をクリック。
  2. 「プリンタの追加ウィザードの開始」が起動するので「次へ」をクリック。「ネットワーク プリンタ、またはほかのコンピュータに接続されているプリンタ」にチェックを入れ「次へ」をクリック。
  3. 「プリンタを参照する」にチェックを入れ「次へ」をクリック。
  4. 「共有プリンタ」項目から共有されているパソコン名をダブルクリックし、共有設定されたプリンタを選択。「次へ」をクリック。ドライバソフトをインストールし、設定が完了するとウィザードが終了。
  5. 「プリンタとFAX」亀にネットワークプリンタのアイコンが追加される。あとは印刷する際にネットワークプリンタが設定されていることを確認して印刷。

プリンタの共有設定をして複数のpcから印刷できるようにする

メインマシン以外にネットブックやモバイルなどの複数のpcをLAN接続しているのであれば、プリンタも共有して使えるようにカスタマイズしたい。プリンタが接続されているパソコンで共有設定する必要がある。
共有設定をしても、プリンタが接続されているパソコンが起動していないとプリントできないので注意しよう。

  1. プリンタが接続されたパソコンで「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プリンタとその他のハードウェア」→「プリンタとFAX」をクリック。すでに接続されているプリンタのアイコンを右クリックし、「共有」を選択。
  2. プリンタのプロパティ画面が開いたら「共有」タブの「危険性を理解した上でウィザードを使わない設定を選択する場合はここをクリックしてください」をクリック。
  3. 「ウィザードを使わずにプリンタを共有を有効にする」にチェックを入れ「OK」をクリック。
  4. 共有タブの「このプリンタを共有する」にチェックを入れ、「OK」をクリック。
  5. 「プリンタとFAX」画面に戻ると設定したプリンタのアイコンに手のマークが付いている。これで他のプリンタから共有できるようになる。