不要なソフトは削除する

標準搭載のアクセサリを削除でも説明しているとおり不要であるソフトやファイルを削除するのは高速化において最もスタンダードな最適化法になる。
システムの安定化を行う際にまず行うのは、システムが入っているドライブの空き容量を増やす。ということである。
通常このシステムというのはOSやソフトなどが入っているcドライブになる。NECなどのPCではdドライブもシステムドライブになっていることがある。
特にメーカー製のPCだと余計なソフトがかなり入っているケースがある。使わないのであれば削除してしまおう。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」をクリック。
  2. 「プログラムの追加と削除」の「現在インストールされているプログラム」の一覧から不要なソフトを選択し「削除」をクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください