ショートカットで作業を効率化

ウィンドウズでは、使用頻度の高い操作にはショートカットキーが割り当てられている。ファイルや文書をコピーするなどの複数回にわたって何度も行われる操作については、右クリックしてメニューを表示するよりも時間短縮になる。ショートカットキーは基本的にキーボード操作のみで行うようになっている。
ウィンドウズの場合「Ctrl」キーを組み合わせる場合が多く、ノートPCの場合は「Fn」キーを複数の役割を割り当てる場合もある。

  • 選択した項目をコピーする…Ctrl+C
  • 貼り付ける…Ctrl+V
  • ウィンドウ内のすべての項目を選択…Ctrl+A
  • 現在のウィンドウを閉じる…Ctrl+W
  • 新しいウィンドウを開く…Ctrl+N
  • ページ内の検索画面を開く…Ctrl+F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください