チェックディスクを実行してHDDのエラーを修復

HDDを長くつかっていると、データの一部が壊れて正常にファイルの読み込みができないなどのトラブルが起こる。しかもこういったトラブルは昨日まで全く正常だったpcが今日、突然にトラブルを起こすから不思議だ。

そこでファイルシステムを診断し、エラーの修復ができる「チェックディスク」を定期的に実行したい。チェックディスクを行うためには設定後、再起動を行うことで自動診断、修復が行われる。

  1. 「スタート」メニュー→「「マイコンピューター」を開き、チェックしたいドライブを右クリック。
  2. 右クリックをしたら「プロパティ」を選択。「ツール」タブの「チェックする」をクリック。
  3. 「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」にチェックを入れると、普段使用しているファイルの状態のみをチェックする」。「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックを入れると、未詳のファイルまで含めたディスク全体のチェックをする。必要な項目にチェックを入れ「開始」をクリック。
  4. ウィンドウズのシステムがインストールされているドライブでは、確認ダイアログが表示され「はい」を選択すると再起動後にチェックディスクがスタートする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください