過剰な視覚効果をオフにして画面表示を軽くする

Windows XPの画面には、マウスカーソルの影、ウィンドウの開閉時のアニメーションなど様々な視覚効果が設定されている。しかしこれらを有効にして使っていると画面表示に負担がかかりレスポンスが悪くなる。速度優先で設定したい場合はオフにしよう。

  1. デスクトップの何もないところで右クリック。「プロパティ」を選択。
  2. 「デザインタブ」を開き、画面右下の「効果」をクリック。
  3. 各視覚効果の盲目が表示されるので上から下までチェックを外し無効にする。

完全に無効化する場合は

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「パフォーマンスとメンテナンス」→「システム」をクリック。「詳細設定」タブを開き「パフォーマンス」項目の「設定」をクリック。
  2. 「視覚効果」タブを開き、「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れ、「OK」をクリックする。元に戻すには「コンピューターに応じて最適なものを自動的に選択する」にチェックを入れる。

  3. 最後に画面下部の「OK」をクリック

ノートPCなどの場合は、こうした画面の視覚効果をクラシックなシンプル設定にするだけで、バッテリーの駆動時間がだいぶのびます。デスクトップ、ノートの両PCに共通していますが、クラシックなシンプル設定にするとパソコンの高速化がかなり行えます。これに加えて
モニターの色数を減らして画面表示を高速化を同時に行えばかなりの効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください