システムに関連するアイコンも非表示にする

デスクトップの余分なアイコンを一括整理と関連する速度アップテクニック。ウィンドウズではシステムで使用する項目の設定画面や機能などに、瞬時にアクセスできるよう、画面右下部分(タスクトレイ)の通知領域にアイコンを表示することが可能。しかし、頻繁に使用するのでなければ、この表示を非表示に設定しておくといい。

設定方法

  1. 「スタートメニュー」「コントロールパネル」を選択後、「コントロールパネル」を開く。
  2. 音声アイコンの表示を非表示にするには「コントロールパネル」の「サウンドとオーディオデバイス」を選択。「音量」タブの「タスクバーに音量アイコンを配置する」のチェックを外し「OK」をクリック。
  3. ローカルエリア接続のアイコンを非表示にするには「コントロールパネル」の「ネットワークとインターネット接続」を選択後、「ネットワーク接続」をクリック。「ローカルエリア接続」を右クリックし「プロパティ」を選択。「全般」タブの「接続時に通知インジケータを表示する」のチェックを外し、「OK」をクリック。
  4. 電源アイコンを非表示にするには「「コントロールパネル」の「パフォーマンスとメンテナンス」の「電源オプション」を選択。「詳細設定」タブの「アイコンをタスクバーに常に表示する」のチェックを外し「OK」をクリック。

デスクトップ上には余計なアイコンやファイルを表示しないことがスピードアップテクニックには欠かせない設定となります。非力なPCや古いPCなどは徹底すると効果が現れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください