拡張子や隠しフォルダを表示

ウィンドウズXPの初期設定では、ウィンドウズのシステムに関するフォルダは「隠しフォルダ」に設定されている。実際にフォルダの中身を見ることもできない。当然、拡張子も表示されない。このままでは、ファイルの種類の選別などがしづらいので隠しフォルダや拡張子を表示させる設定にカスタマイズしておこう。

  1. 「スタート」メニュー→「マイコンピューター」を開き、「ツール」→「フォルダオプション」を選択する。
  2. 「表示」タブを開き、「ファイルとフォルダの表示」項目の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れる。
  3. システムで使用されているファイルやフォルダを表示するなら「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)のチェックを外す。このとき警告ダイアログが表示されるが「はい」を選択。
  4. 同じく「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外し「OK」をクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください