壁紙・スクリーンセーバーの設定

PCが起動したときにデスクトップに表示される写真やウィンドウズのロゴなど、これらは画像ファイルを読み込むことになるのでウィンドウズの起動時間に影響してくる。自分で撮影したデジカメなどの画像に変更しているケースもあると思うが、高速化を優先させたい場合には、背景も「なし」に設定したほうがいい。画面焼けの心配がいらないモニターを使用しているのであれば、スクリーンセーバーも切ってしまったほうがいい。

設定方法

  1. デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。
  2. 「デスクトップ」タブを選択後、「背景」の項目から「なし」を選択。
  3. 「色」項目のプルダウンメニューをクリックし、デスクトップで使用したい色を選択。
  4. 液晶モニタを使用しているならば「スクリーンんセーバー」タブを選択。「スクリーンセーバー」のプルダウンメニューから「なし」を選択し、「OK」をクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください