ユーザーの管理切り替えを無効に

「ユーザーの切り替え」を使えば、複数のユーザーが1台のパソコンで継続して作業を行うことが可能。しかし、切り替え時にソフトの終了などを忘れてしまうと、動作の状態が保存され、パフォーマンスの低下を招く。これを未然に防ぐため、ユーザーの簡易切り替えを無効化しておく。

  • 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ユーザーアカウント」を開く。「ユーザーのログオンやログオフの方法を変更する」にチェック。
  • 「ユーザーの簡易切り替えを使用する」のチェックを外し、「オプションの適用」をクリックする。ただし、この設定は、管理者権限があるユーザーでしか行うことができない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください