ダイナミックDNSを無効化することで高速化

ダイナミックDNSというのは、可変するIPアドレスに対しドメイン名を自動的に割り当てる機能。通常は、有効設定となっているが、使用しているパソコンをサーバーとして公開する場合以外は関係のないサービス。使わないのであれば無効化してリソースの消費を抑え高速化を図るといい。

  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」をクリック。「ローカルエリア接続」を右クリックし、「プロパティ」を選択。
  2. 「ローカルエリア接続のプロパティ」画面の「全般」タブを開き「インターネットプロトコル(TCP/IP)」を選択。「プロパティ」をクリック。
  3. 「全般」タブを開き「詳細設定」をクリック。
  4. 「TCP/IP詳細設定」画面の「DNS」タブを開き、「この接続のアドレスをDNSに登録する」のチェックを外し「OK」をクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください