不要なフォントを削除して高速化

ソフトを購入したときなどにフォントもインストールされるケースがある。こういったフォントはフォントフォルダに格納されるが、やたらに多くなってしまうと、ウィンドウズXPやソフトの起動に時間がかるようになってしまう。当然、HDD容量も圧迫する。使わないフォントは削除してスピードアップするように最適化しよう。
システムが使っているフォントもあるので気をつけよう。
削除していはいけないフォントと削除してもいいフォント

  • アイコンが赤いフォント…システムフォントなので削除してはいけない
  • アイコンが緑色のフォント…画面表示などに使われている場合があるの削除しないようにする
  • アイコンが青いフォント…削除してもかまわない
  1. 「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「デスクトップの表示とテーマー」のフォントをクリック。
  2. インストールされているフォントの一覧が表示される。この中から削除していいフォントといけないフォントを見極める。
  3. アイコンが青い色のフォントは削除しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください