見た目を気にしないのであればクラシックスタイルで画面表示を高速化する

Windows XPでは、初期設定で「ルナ」インターフェイスが使われており、以前のWindowsに比べるとデザインが重視されている。
しかし、美しい表示はCPUやメモリに負荷をかけるため、特に見た目のデザインについてこだわりがないのであれば、表示が簡素なWindowsクラシックスタイルがお薦め。xpが非常にさくさく動くようになる。

デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。「テーマ」タブの「テーマ」から「Windowsクラシック」を選択する。
サンプルのプレビュー表示がクラシック表示になったら「適用」をクリック。これで全体のデザインがクラシック表示に適用される。
さらにタスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択。「スタート」メニュータブから「クラシック[スタート]メニュー」にチェックを入れ、「適用」をクリックする。
これでクラシック表示の設定は完了。

1 thought on “見た目を気にしないのであればクラシックスタイルで画面表示を高速化する

  1. ピンバック: 視覚効果オフでさらに高速化 | ノートPCもデスクトップPCも即効スピードアップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください